ワクチン接種 高齢者と持病ある人を優先に

スポンサーリンク
全家庭にマスク ワクチン

ワクチン接種 高齢者と持病ある人を優先に

新型コロナウイルスのワクチンが開発された場合に優先的に接種する対象者について、厚生労働省の部会は9日、まずは高齢者、続いて持病のある人とすることを決めました。

9日、厚労省の予防接種に関する部会が開かれ、新型コロナウイルスのワクチン接種について、今後、費用が無料となるクーポン券を自治体を通じて配付することと、医療従事者以外の一般の人の接種の優先順位は、まずは高齢者、ついで持病がある人とすることが了承されました。

どの持病を対象とするかは、呼吸器や糖尿病など様々な学会に意見を求めて決めることになりました。 政府は、新型コロナウイルスのワクチンについて、海外のメーカーと契約、または合意していて、仮に開発が成功した場合、全国民分を確保するとしていますが、一度に全員分の入荷は難しいため、優先順位を検討しています。
コロナワクチン「高齢者を最優先に」 専門家会議(2020年11月9日)

マイコメント

国民に対する給付金の支給は順調に行かなかったのに、コロナワクチンだけは念入りに討議

するんですね。

しかも無料クーポン配布ときました。

どこかのバーゲンセールでしょうか?

ワクチンタダだよ!ということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました