破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:笑いに変換してください」

スポンサーリンク
パラレルワールド アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:笑いに変換してください」

今日の破・常識!

無関心な対象は、あなたの現実には登場しません。

 
ですから、無関心になってください。

 
そのために、深刻にならず、

笑いに変換してください。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。  

vol.1453 笑いに変換してください

「笑いに変換してください」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

 
笑ってください。

 
深刻にならずに、笑い飛ばしてください。

 
深刻にならなければ、ユーモアに変換する余裕ができます。

 
ユーモアを持ってみると、俯瞰で見ることができるようになります。

 
俯瞰で見ることが出来るようになると


冷静に考えることが出来るのです。

 
冷静に見ることが出来れば、原因がわかってきます。

 
深刻になって、エネルギーを内向きにしてしまうと


感情や状況に巻き込まれてしまい原因を見ることができなくなるのです。

 
原因ではなく、状況に目が行ってしまうと、解決することができません。

 
原因さえわかれば、解決する方法を考えることができます。

 
原因をみつけるためには、

 

 

俯瞰で見るための冷静さが必要となるのです。

 
俯瞰で見ることができず、

 

状況に感情的に巻き込まれてしまうと


ミスリードされやすくなります。

 

あなた達の支配者たちは、言葉を駆使して


冷静に状況を把握できないようにし、

 
責任のすり替えを行い、ミスリードしようとします。

 
ですから、俯瞰で見る冷静さがとても必要になるのです。

 
ですから、深刻さではなく、それを笑い飛ばす


余裕をもっていただきたいのです。

 
笑いに変換することは、逃避でもバカにしていることでもありません。

 
しっかりと笑いに変換できるのは、原因がわかっているからなのです。

 
こんなことが起きているのですが、どうしましょうか?


‥という提案にもなるのです。

 
笑いに変換して、余裕をもって原因を見ることができれば


巻き込まれずに、そこからそっと離れることができます。

 
笑いに変換することで、対立のエネルギーではなくなるので


同じ土俵に乗ることなく、そっと離れることができるのです。

 
怒りのエネルギーをため込まず、昇華することができれば


なぜか笑えることのように思えてくるのです。

 
怒っていたはずなのに、なぜか笑いたくなってくるのです。

 
そうすれば、怒っていた対象に対しても何も感じることがなくなり


その対象にエネルギーを注ぐことがなくなります。

 
エネルギーを注ぐことがなくなるということは、


エネルギーを繋げなくなる、

 
エネルギーを切るということになります。

 
ですから、あなたの現実とは関係なくなるのです。

 
すみ分けることが出来るのです。

 
あまりにひどすぎて笑えるわ・・


っていう言葉を出すことはありますね。

 
その笑えるという言葉の裏には、


もうどうでもいいわっていう思考があるのです。

 
かまってなんていられないわ・・関心を失うわ


・・ということで無関心になれます。

 
無関心な対象は、あなたの現実には登場しません。

 
ですから、無関心になってください。

 
そのために、深刻にならず、笑いに変換してください。

 
(ここでいう笑いは、挑発的な笑いや皮肉を含んだ


笑いのことではありません。

 
違いを言葉説明することが難しいですが


感覚で受け取っていただければと思います)

 

あなたに愛をこめてお伝えいたします」

 

 


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

私の場合の無関心と言うのは忘れることです。

いろいろな情報を求めて見たり読んだりしていますが、その後しばらくすると

忘れてしまいます。

忘れると言っても必要なときには思い出すので支障はないのですが、普段は

ほとんど忘れて自分のやりたいことをしているというだけです。

忘れてしまえば気にすることはないので現実には登場しません。

そのようにして自分の世界を創っているということです。

それ以外の世界は今自分がいる世界とは切り離された感じになるので

全く気にならなくなります。

だから、世界がどう動いているとか日本の政治の状況はこうだああだと

しても気にしないでいられます。

私とは直接関係のないことだからです。

毎日いろんな記事を取り上げていますが、書き終わるとほとんど忘れています。

無責任と言われるかもしれませんが、それが自分の世界を創る棲み分けのコツです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました