破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:肌感覚を大切に」

スポンサーリンク
富良野 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:肌感覚を大切に」

今日の破・常識!

それは、とても大切な感覚なのです。

 
他の人と違っても大丈夫です。

 
その感覚はあなただけのものです。

 
そして、その感覚があなたにとっての真実なのです。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。  

vol.1475 肌感を大切に

「肌感覚を大切に」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
肌感覚を大切にしてください。

 
肌感覚・・言葉でお伝えするのはとても難しいですが


・・・肌感覚です(笑)

 
なんとなくお分かりいただけると思います。

 
フッと感じるものです。

 
あ、何か違う、とか、これ面白そう、とか、何か変、とか


・・・何か・・というところです。

 
考えてもわからない、言葉に出来ない、説明出来ない・・けど


でも、何か・・・というところです。

 
それは、とても大切な感覚なのです。

 
他の人と違っても大丈夫です。

 
その感覚はあなただけのものです。

 
そして、その感覚があなたにとっての真実なのです。

 
それはエネルギーで感じていることなのです。

 
エネルギーで合う、合わないを感じて


あなたが反応している感覚なのです。

 
どんなに条件が良くても、何か、うん?って思うときは


あなたにとっては違うということです。

 
肌感覚を感じて、それで判断することを


あなた達は教えられていません。

 
頭だけで判断するように教えられてしまっているので


肌感覚の感覚を思い出すのが少し難しいと感じるかもしれません。

 
でも、大丈夫です。

 
ちょっと意識をそちらに持って行くだけで


すぐに思い出すことが出来ます。

 
フッと感じたから見た・・そこに何かあなたにとって


欲していた情報があった。

 
フッと違和感を感じたから、やめておいた・・・


そしたら、やっぱりあなたにとって不利益になることだった。

 
そういう経験があると思います。

 
それを意識的に出来るようになると、判断しやすくなると思います。

 
何か違う気がするけど、でも、条件的に良いから


・・どうしよう??と迷うことがなくなります。

 
条件ではなく、あなたの感覚を信じてください


・・とお伝えしたいと思います。

 
肌感覚を研ぎ澄ましていけば、分かってきます。

 
あなたの社会の中の矛盾点、問題、疑問点が分かってきます。

 
原因が分かってきます。

 
社会の矛盾、問題、疑問を感じることが出来るようになれば、

 
原因が分かってきます。

 
原因がわかれば解決することが出来ます。

 
それには、肌感覚が大切になってきます。

 
とても良いことを言ってるようだけど、何かが違う・・


と思うことが出来るようになれば、


あなたにとっての不利益を回避することが出来ます。

 
表面的なことだけでなく


その先にある意図なども分かってきます。

 
頭で考えることはもちろん大切ですが


その前に感じた肌感覚にも

 
しっかりとフォーカスするようにしてみてください。


フォーカスすると意図すれば、


感覚を思い出すことが出来るようになります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

 


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

肌感覚を言葉で説明しようとしても難しいでしょうね。

何か話が違うな?とか、どうも言っている内容が事実と合わない感じがするという

感覚的な???です。

私は肌感覚をとても大切にしていて初対面で会う人なんかの場合はしきりに肌感覚で

その人を判断しようとしています。

最初の第一印象というのでしょうか?

ただ第一印象というのは服装や容姿に左右されやすいので相手から受けるフィーリング

をまず感じ取ります。

そして、そのフィーリングが自分の波動と合うかどうかを判断します。

そのフィーリングが柔らかいのか固いのかきついのかということです。

自分の波動と合う場合は違和感が消え自分と同じような感覚を持ちます。

しかし、こういうのはごくごくまれです。

多くの場合は多少の違和感だったり、とげとげしかったりします。

そういう場合には少し距離を置いて接します。

おそらく相手も同じように肌感覚を用いて自分を判断しようとしているでしょう。

違和感がない時には兄弟のような感覚を覚えます。

長年付き合っている友人なんかもそんな感じですね。

まあ、多少の無礼講は合っても互いの礼節は重んじます。

私の場合で言えばそういう感じになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました