破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:身体とこころはつながっている」

スポンサーリンク
気分転換 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:身体とこころはつながっている」

今日の破・常識!

身体が疲れると、こころも疲れるのです。

 
身体とこころはつながっているのです。

 
身体とこころを別なものだと思わないでください。

 
身体も、こころも、あなた自身です。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。  

vol. 1477 身体とこころはつながっている

「身体とこころはつながっている」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
疲れたら休んでください。

 
それしか、疲れをとる方法はありません。

 
薬を飲んでも、栄養ドリンクを飲んでも疲れは取れないのです。

 
薬や栄養ドリンクを飲むと


一時的に元気になったような気はしますが、

 
それは疲れが取れているのではなく


身体にムチを入れたのと同じことです。

 
強い刺激を加えることで、興奮状態になります。

 
交感神経が刺激されるので、


まだまだ出来ると思ってしまうだけです。

 
そして、どんどん刺激が必要となってきます。

 
刺激は慣れてきます。

 
ですから、またもっと強い刺激を与えないと


シャキッとしなくなります。

 
どんどん強い薬や強い栄誉ドリンクが必要となってくるのです。

 
それらを飲んだ時はシャキッとして元気になったような気がしますが

 
身体の疲れはまったく取れていませんので


どんどん身体の疲れはたまっていって


限界を超えることになってしまいます。

 
身体が悲鳴を上げているのに、ムチを打って


もっと働けと言っていると限界を超え、病気になってしまいます。

 
分かりますね。

 

身体の疲れがまだ小さなうちに休めておけば


すぐに回復するのに、休んでなんていられない


と思って疲れに気がつかないふりをして動かしてしまうと


回復するのに大変なエネルギーを必要とすることになります。

 
ちょこちょこと休んで回復していれば、病気になって何日も


何か月も不調に悩まされることはないのです。

 
ムリをして頑張っても良いことはありません。

 
身体だけでなく、こころのバランスも崩してしまいます。

 
身体が疲れると、こころも疲れるのです。

 
身体とこころはつながっているのです。

 
身体とこころを別なものだと思わないでください。

 
身体も、こころも、あなた自身です。

 
こころが疲れる・・それは我慢しているからです。

 
身体が疲れる・・それも我慢しているからです。

 
我慢して、我慢して、疲れていることさえ


自覚出来ないほど我慢しているから、身体も不調になり


こころもバランスを崩すのです。

 
疲れていることさえ自覚できなくなるほど


頑張る必要はありません。

 
はぁ~疲れたぁ~~・・って思うときは、


かなり疲れていると思ってください。

 
あなた達は頑張ることが良いことだと教えられています。

 
ですから、疲れたぁ~って思うほど


頑張る自分に満足する傾向があります。

 
こんなに頑張れた私はすごい・・って


褒めてもらえるような気がするからです。

 
頑張って自分達支配者のために働く人を育てることが目的の


教育を受けてしまっているので、ムリして我慢して


頑張ることに達成感をも感じてしまうのです。

 
伝わっていますでしょうか?

 

ある意味、マゾ的な(表現は悪いですが)感覚でしょうか?

 
自分を大切にするのではなく、我慢大会で優勝することで


褒めてもらえる喜びの方を選んでしまうのです。

 
誰のために、身体にムチをうち、こころのバランスを


崩してまで頑張るのか?そこをもう一度考えてください。

 
身体を壊すまで、こころのバランスを崩してしまうまで


疲れることをする必要はないのです。

 
薬や栄養ドリンクを飲んでまで、走り続ける必要はないのです。

 
しなければいけないことがたくさんあるから?

 
それは本当にしなければいけないことでしょうか?

 
しなければいけないと思い込んで(思い込まされて)


いるだけではないでしょうか?

 
薬を飲みたくなるほど、栄養ドリンクを飲みたくなるほど


頑張る必要は無いのです。

 
眠り薬を飲まなければいけないほど


頭を酷使する必要はないのです。

 
(眠れないというのは、頭のグルグルが止まらなくて


気が落ちないから眠りが浅くなってしまうのです


ヒートアップしすぎて車のエンジンが切れないような状態です)

 
ゆっくりとした気持ちで、疲れたぁ~って思う前に


こまめに休むようにしてみてください。

 
病気にもならなくなりますし


精神的にバランスを崩すこともなくなります。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」

 

 


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

日本人の有給消化率はあまり良くないように思います。

仕事で疲れて休みたいときには有給休暇を使って休む方がいいのです。

しかし、有給休暇が取れても私が休んでいる間にみんな頑張って仕事をして

いるんだなと思ってしまうと有給休暇の意味がありませんので、そのときは

すべてを忘れて疲れを取るために休息を取りましょう。

休みの午前中いっぱい寝ていてもいいんんです。

それからゆうくりして遅めの昼食を摂るのもいいし、戸外に自然が見える場所

にいるのなら、午後からずーッとそれを眺めているのもいいです。

ともかく心身ともにリラックスさせ休ませることです。

しかし、中にはせっかっく取れた休みだからと朝から晩まで遊んでいる人も

いるかと思いますが、心のリフレッシュが出来ても体の疲れがたまってしまう

ので逆効果ですから、仕事で疲れたと思うならゆったりとした時間を過ごすの

のがいちばんです。

温泉に行ってのんびりするのが一番効果的です。

ともかく疲れたら休みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました