破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:5次元領域は特別なところなの?」

スポンサーリンク
高次元領域 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:5次元領域は特別なところなの?」

今日の破・常識!

身体がピカピカと光ることもありません。

 
身体的には何も変わりませんので、身体に何か起きることが

 
波動領域が変わることだという思考は

手放してくださいね。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。  

vol. 1500 5次元領域は特別なところなの?


「5次元領域は特別なところなの?」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
消える人からは消えるし、消えない人からは消えない・・です。

 
???ですね・・波動領域のことは


あなた達には理解しにくいと思います。

 
あなたはもう5次元領域と共振しています。

 
そして、同じように5次元領域と共振している人たちは


お互いの存在が確認できます。

 
つまり、見えているということですね。

 
でも、違う波動領域に共振している人たちからは、

 
あなたは見えないのです。消えたということになります。

 

極端な例になりますが・・

 
あなたの現実に銃を持った人はいませんね。

 
突然あなたの部屋に銃を持った人が押し込んできて


命の危険を感じるということはないですね。

 
でも、そのような現実を体験している人もいるのです。

 
紛争地帯というところに住んでいる人たちは、


そのような生活を体験しているのです。

 
そして、そのような人たちは、あなたがそこにいることを知りません。

 
あなたという存在がいて、命の危険を感じることなく生活している

 
こともイメージ出来ないのです。

 
その人から見たら、あなたは消えた人、いない人だということです。

 
でも、私はその人達のことを知っています・・と思うかもしれませんが

 
それは、テレビや映画、などの中の人たちですね。

 
実際にあなたの生活の中には存在しません。

 
5次元領域からは、3次元領域は見えるのです。

 
見えると言っても、現実的に実際に見えるのではなく


テレビなどの媒体を通して、そういう世界もあるんだな


という見かたになりますが。

 

同じ波動領域に共振している人だけが、あなたの現実に登場します。

 
その他の波動領域の存在は、あなたがフォーカスしなければ


登場しないのです。

 
たとえば、5次元領域に共振していても


テレビの中の3次元領域を見て興味を持って


自分もそこに行きたいと思ったら


あなたはそこに共振することになるのです。

 
ある意味、5次元領域に共振している人たちから消えて


3次元領域に共振する人たちに登場するのです。

 
あなたは自然に5次元領域に共振していますので


あなた自身にその確信?実感?がないだけのことです。

 
そして、まわりに知り合いもたくさんいますので


3次元領域から消えたと言われても


さっぱりわからない、と思うのです。

 
4次元(異次元)領域に共振している存在


(精霊、眷属、妖怪、お化けなどと呼ばれている存在)が


見えないのは、違う波動領域に共振しているからです。

 
彼らとは住み分けています。

 
だから、何も問題はないのです。

 
お互い見えない(消えている)存在なのです。

 
そのように、3次元領域に共振している存在たちと住み分ければ

 
何も問題はなくなります。

 
あなた達が、3次元領域にフォーカスしなければ


3次元領域に共振している人たちは


あなた達に何も影響することが出来ないのです。

 
彼ら(3次元領域に共振している人たち)からは


あなた達は見えないのですから。

 

いつも言いますが・・5次元領域が良くて(善で)


3次元領域が悪いということはまったくありません。

 
善悪で判断しないでください。

 
どちらの波動領域が好きか・・ということだけです。

 
嗜好の問題です。

 
自分のまわりにたくさんの人がいる・・


だからといって、私は消えていないと思わないでください。

 
5次元領域に共振すると、透明人間のようになるわけではありません。

 
エネルギー体になる訳でもありません。

 
身体がピカピカと光ることもありません。

 
身体的には何も変わりませんので、身体に何か起きることが

 
波動領域が変わることだという思考は手放してくださいね。

 
5次元領域は特別なところではありません。

 
特別なことを求めないでください。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」

 


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

2012年前後にアセンションと言えば「ライトボディ」になるという話がありました。

身体が非物質化して光のボディになるということです。

そして、同時に食べることが必要なくなりその代わりに周囲の空間からエネルギーを

摂取して生きるというものです。

当時、この話にはとても興味を持ち、2012年になればアセンションと同時に肉体も

変容し炭素型からクリスタルボディに変化するだろうと思っていました。

それで・・・。実際にどうなったかと言うと・・・。

何も変わりませんでした(笑)。

予定が変更になったのかどうかわかりませんが、肉体を持ったままアセンション

したということです。

もうすでに私たちはアセンションを終えていて5次元領域に共振しています。

だから、ネットなどでよく出てくる「これからアセンション」と言うのは今3次元に

いる人たちに向けての話になり、私たちには関係ありません。

2012年以降変わらない生活を続けている人にはその実感はないかもしれませんが

すでに今の状態が5次元領域であり禄別な変化があったということはありません。

5次元に共振したと言ってもまだまだ入り口を通過したようなところなので

本当の5次元領域や6次元に近い状態になれば少しは変わるかもしれません。

たとえばテレパシーが自分の意志で自由に使えたり、多くの情報を瞬時にある場所

から読み出したりというようなことも出てきます。

ただ、瞬間移動とか、念動力とか、自由にものを動かしたり、何もないところから

物質を取り出したりと言ったものは期待しない方がいいでしょう。

まだまだそこまで到達していないし、その必要もないからです。

それより、今の5次元領域をとことん楽しむことが大事なことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました