破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:戦争の本当の目的を伝えて」

スポンサーリンク
広島平和記念資料館 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:戦争の本当の目的を伝えて」

今日の破・常識!

戦争の真実を理解し、伝えていってください。

 
冷静に、霊性に、戦争の本当の目的とは

一部の人のお金儲けなのだと

 
いうことを伝えていってください。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。  

vol. 1521 戦争の本当の目的を伝えて

「戦争の本当の目的を伝えて」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
戦争の実態、どれだけの悲劇かを体験した方が伝えていくことは

 
とても大切だと思います。

 
実際に体験した方の言葉には、エネルギーが乗りますので


感情に訴えることが出来ます。

 
でも、そこで終わらないでください。

 
伝えること・・大変な悲劇であること・・


そして、もう戦争をしないように訴えること・・


そこで終わらないでください。

 
それでは戦争はなくなりません。

 
そうではなく、戦争の真実を知っていただきたいのです。

 
戦争は、自然発生的に起きるものではないということを伝えてください。

 
戦争は、国を守るため、大切な人を守るため、民族のため・・など

 
きれいな言葉でまぶされていますが、結局の目的は


お金儲けだということを理解しなければ、また起こされてしまいます。

 
誰かのために戦う・・それを美しいこと、素晴らしいことだと、

 
テレビや、映画や、小説などでどんどん刷り込まれて行きます。

 
善と悪の対決・・自分たちは善なのだから、敵をやっつけても


それは良い行為なのだ・・と刷り込むのです。

 

たとえば、地球を侵略しようとする宇宙人がやって来たら、

 
地球の人々を守るために身を挺して守る・・というストーリーも

 
勧善懲悪のストーリーなのです。

 
地球に住む人々を守る人は素晴らしい人だ・・と


戦争に向かう人を賛美することで、戦争を起こすことへの


違和感や拒否感を軽くしていくのです。

 
そして、侵略されそうになったのだから戦うのは当たり前です


・・と納得させるのです。

 
戦うこと、戦争をすることへのハードルを低くしているのです。

 
そして、実際に戦いの場に行くと、冷静さを失ってしまいますので

 
何も考えることなく、誰かの命令に従うようになります。

 
戦争するのは仕方がない・・と思わせたいのです。

 
大切な人や大切な国を守るために、自分が犠牲になることは

 
名誉なことだと思わせたいのです。

 
自分の大切な人を戦地に向かわせることも


仕方がないことだと刷り込みたいのです。

 
だから、悲劇だという話を聞いても


それはそれで仕方がないことですね・・と


変な納得をして、受け入れてしまうことになります。

 
そうではないのです。

 
そこだけ(悲劇だということ、悲惨なことだということ)


を強調しても、戦争は人々を守るためには仕方がないと


刷り込まれてしまった人には響きにくいのです。

 
そうではなく、戦争は一部の人のお金儲けのために


意図的に起こされているということを伝えてください。

 
国を守るためでも、大切な人を守るためでも


名誉のためでもありません。

 
ただ、一部の人のお金儲けのために、良いように言われて


命を投げ出させられているのですよ・・と伝えてください。

 
そうすれば、バカらしくなって


誰も戦争に参加しようとは思わなくなります。

 
バカらしくなる・・人々がそうなれば、


いくら戦争を仕掛けようとしても戦争など起こせないのです。

 
きれいな言葉を並べ立てても、誰も乗ってきません。

 
戦争をしてはいけない・・と誰かに伝えたいならば


戦争の悲劇ばかりではなく、戦争の本当の意味を伝えてください。

 
人のお金儲けのために


自分の命を投げ出す必要はないと伝えてください。

 
自分は現場に行かないで、人にだけ命令する人に


従わないでくださいと伝えてください。

 

戦争の真実の目的がわかれば、戦争はなくなります。

 
人々が参加しなくなれば、戦争はなくなるのです。

 
戦争の本当の目的(一部の人たちのお金儲け)を


庶民たち(どこの国の人々でも)が理解出来れば


世界から戦争はなくなります。

 
民族間の悪感情を煽られても、美辞麗句で飾り立てられても

 
名誉だとくすぐられても、誰も戦争に参加しなくなります。

 
あなた達を支配・コントロールしている人たちは、


また戦争がしたくて仕方がありません。

 
特に、日本を巻き込みたいのです。

 
ですから、この戦争の真実を理解し、伝えていってください。

 
冷静に、霊性に、戦争の本当の目的とは一部の人のお金儲けなのだ

 
ということを伝えていってください。

 

あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

最近、中国が海警法を制定し今年の2月1日施行した。海警法によると、中国がいう
「管轄海域」で、外国船に対し武器を使用できるようになった。注目すべき点は、
海警が法執行のみならず「軍事作戦」を遂行できるようになったことです。

と言うニュースがあり、それ以降中国船の尖閣諸島への領海侵犯、台湾への威嚇
航行やフィリピン沖合に100隻の漁船団を配置するなど動きが先鋭化してきました。

こうした流れから尖閣諸島防衛への政府の対応が慌ただしくなってきました。
また、ニュースや論説などでも中国脅威論が台頭し始め今にも日本が中国に侵略
されるかのような内容です。

このような流れを見るといかにも戦争が近いように見えますが、これはほんの
手始めだろうと思います。戦争を起こす前の準備段階として日本国内に中国脅威
論を沸き立たせ「戦争が近い、だから防衛が必要」という世論が形成されること
が必要だからです。

そのために今は内外からの揺さぶりをかけているということです。

しかし、中国の台頭を許したのはいったい誰なのでしょうか?
かってはアメリカが世界で最も力を持ち世界各国へ軍隊を平和維持の目的(実際
にはその反対だったのですが)で派遣し国力の維持と支配力を高めていたのです。

中国がアメリカを差し置き世界覇権の野望を抱くようになったのはここ10年位の
間ですが、その基礎を作ったのはアメリカです。クリントン、ブッシュ、オバマ
政権では中国が大国としての地位を確保できればそれに見合う見識と民主力を
持つだろうと予想し中国に多大な援助を行いました。

ところが中国は反対に共産主義国家として世界の覇権を求めるようになったのです。
その基礎を作ったのは言うまでもなくロスチャイルドやロックフェラー一族を持つ
イルミナティだったのです。

彼らはこれまでアメリカをそのように利用してきましたが、アメリカでの経済の
発展をこれまで以上に求めることが出来ない限界を感じていてその次の覇権国と
して中国を育てていたということです。

過去の歴史を見ればわかるように戦前はイギリスを中心とした欧州でしたが、
これもヒットラー率いるナチスドイツとソ連を巻き込む戦争で欧州の勢いを潰し
新天地アメリカへその力を移動したのです。

つまり、世界の歴史を見れば経済の復興・興隆→戦争→新国家で経済の復興・興隆
→戦争という繰り返しをしてきているということです。
日本もそれに巻き込まれて最初から負ける戦争を仕掛けられ自滅したものです。
しかし、戦後の日本を見てもわかるように戦後の好景気の後は経済力の急激な衰退
です。これも計画的に起こされているものです。

まさに豚は太らせてから食えという言葉を地で行く世界の流れがそこにあります。

こうしたことが何度も繰り返されるのはひとえに金儲けが目的だからです。
経済を支配するものが世界を支配するという流れです。

しかし、中国の場合はその流れに逆らうものなのでいずれこの流れは変わっていく
だろうと思われます。なぜなら、イルミナティの目的は彼らが世界を支配コントロ
ールすることであり、中国の場合は逆に食われる結果になるので徹底的に対抗する
だろうと思います。それが今のバイデン政権の対中国政策です。

当初バイデン政権は中国と協調する道を選択する予定だったのがここにきて大きく
変わり始めていることからもわかります。要するに彼らはいつも両天秤なのです。
どちらも育て、どちらかを最後には潰すというやり方です。

ところが日本は今や中国に内部から侵略され動きは親中国化しています。その
筆頭株は自民党ではなく公明党です。公明党が自公協調路線を歩んでいたのは
いずれ中国に売り渡すために行ってきたものです。

国土交通省の大臣は歴代公明党が握りしめていて手放したことがありません。
それは公明党が日本の国土を中国に売り飛ばし、内部から中国化する政策を取っ
ているからです。マスコミは韓国に乗っ取られ政治は中国に乗っ取られている
日本は今や風前の灯のような状態になりつつあります。

それに気づいているアメリカが日本にどのような圧力をかけてくるかによりますが
少なくともこのままいけば沖縄と北海道も危ないでしょう。
また、大阪の府と市の一元化政策の背後にいるのが中国だと言うことも忘れては
ならないことと思います。

少し長くなりましたが、いずれにしても国民が扇動に乗らない限り何も出来ない
はずですので、そうすることが今は一番の策です。

しかし、万が一予想を裏切り他国が侵略してきたらその時は防衛しないといけ
ないだろうと思います。

もうひとつは波動を変えそういった争いのない世界に移動することです。
最後にはそれしか道はありません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました