世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:宇宙の絶対幸福の喜び?」

スポンサーリンク
雌雄 アセンション

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:宇宙の絶対幸福の喜び?」

ミナミAアシュタールRadio54

ボタンひとつのパラレルワールド

vol.129 「追いかけたら逃げます!」
vol.130 「ボタンひとつのパラレルワールド」

ミナミAアシュタールRadio54「ボタンひとつのパラレルワールド」

世の中が乱れると同性愛者が増える?

私自身女性に恋する女性なのですが、過去にある人から言われた
「世の中が乱れると同性愛者が増える」という言葉が脳裏に焼き付いています。
超次元ライブを聞いて感じた事は私が自分自身のセクシャリティを受け入れ
られていないと言うのがこの言葉を聞いた原因なのかな?
とゆうか自分自身がそう思ってるからその言葉を受け取った?
みたいな…何を聞きたいかゴチャゴチャになってしまいましたが、
女性の私が女性を愛して女性と〇ックスがしたいと思う気持ちは
宇宙的に変なのでしょうか?

(〇をセにすると禁止タグに引っかかりブログがアップ出来ないのでご
理解くださいね)
32年間ずっと気になっていたのでお答え頂けたら嬉しいです。

・・・というご質問をいただきましたぁ~^0^

では、アシュタール、よろしくお願いいたします^^

「宇宙の絶対幸福の喜び?」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。
 
〇ックスに関しては大きく2つの目的があります。
 
ひとつはテラの循環のための〇ックスです。
 
これはわかりますね^^
 
 
テラには時間という概念があり、その中で生まれてだんだん
 
年齢を重ね身体も変化し、最後に身体を脱ぐ(死ぬ)という
 
過程をふみます。
 
これはテラの循環においてとても大切な過程なのです。
 
物質世界のテラは循環によって成り立っています。
 
自分が生まれ、次の世代を生み育み、そして身体を脱ぐ・・
 
この循環のために〇ックスがあるのです。
 
これは物質世界のシステムです。
 
そのために男女という性別があるのです。
 
ひとりで細胞分裂するよりも他者の細胞と組み合わさった
 
方が次の世代にとって都合がいいのでこのような性別を
 
創っているのです。
 
(細胞分裂することで次世代をのこすという存在もいますが
 
多くの存在は二つの細胞を融合させ次の世代を残す方法を
 
使っています)
 
 
そしてもう一つの目的は愛のエネルギーの交流です。
 
エネルギー場(物質世界ではない世界)での愛の交流を
 
物質世界で体験してみたいと思い物質世界に生まれて来たのです。
 
難しいですか?
 
 
エネルギー場での愛の交流はとても親密で、そしてとても
 
あっさりとしたものです。
 
でも、それはとても素晴らしいエクスタシーなのです。
 
自分というエネルギーと違うエネルギーが交流することで
 
別の自分のエネルギーになるのです。
 
(変化するのです。宇宙は変化なのです)
 
言葉で説明するのは難しいですね。
 
たとえば、AとBというエネルギーが愛の交流をしようと
 
思ったら、AとBが融合してCというエネルギーになります。
 
別のエネルギーになるのです。
 
この時にとても大きなエクスタシー、喜び、パワーを得ます。
 
そして、それを感じもう満足だと思えば離れるのです。
 
その時、元のAとBに戻るのではなく、A+とB+になります。
 
同じようで変化したエネルギーになるのです。
 
こうしてどんどん変化していくのです。
 
これはあなた達が教えられているアメーバのような
 
原始的なものではありません。
 
AエネルギーもBエネルギーもしっかりとした個の意識があり
 
高い知性、思考、感情を持っている高次元の存在です。
 
ただ意識的に物質的な身体を持っていないだけの事です。
 
 
このエネルギー場での交流を物質世界ではどのようなものかを
 
体験してみたいと思って物質世界のテラに生まれたのです。
 
その目的においては性別は関係ありません。
 
ただこの人とエネルギーの交流をしたいと思うだけの
 
事なのです。
 
とても好き、とても魅かれるという理由だけなのです。
 
好き、魅かれると思えばエネルギーの交流をしたいと
 
思うのは当然なのです。
 
好きな人、魅かれる人と触れ合いたいと思うのは
 
当然なのです。
 
〇ックスというのは身体的な結合の事だけではありません。
 
身体的な結合は物質的な目的(次世代のために細胞を融合する目的)
 
のためであって、エネルギー場の交流では結合は関係ないのです。
 
ただ目を見つめるだけ、手に触れるだけ、ハグするだけでも
 
エネルギーの交流になるのです。
 
子どもたちの遊びを見ていると友達同士身体に触れることが
 
多いと思います。
 
それは身体に触れることによってお互いをエネルギーでも
 
理解しようとしているからです。
 
大人になっていくと社会的にあまり触れてはいけないなどと
 
思い込み(特に男女間では)触れなくなってしまいます。
 
そして、身体に触れることに何か特別な(性的な)意味を
 
持つかのように刷り込まれてしまっているのです。
 
 
身体に触れることでエネルギー場でのやり取りをしている
 
のです。
 
エネルギー場でその人と触れ合いお互いを感覚で理解し
 
お互いの愛(尊敬と感謝)を交流しようと思うのです。
 
悲しい時、不安な時など背中を触ってもらうだけでホッと
 
するのはその人の愛のエネルギーと交流出来るからです。
 
嬉しい時に抱き合うのはその喜びを共有しようとするからです。
 
 
身体、肌の触れ合いはエネルギーの触れ合いなのです。
 
〇ックスはその触れ合いが深くなっただけなのです。
 
好きな人とは深く触れ合いたい、理解し合いたい、
 
エネルギーの交流をしてエクスタシーを感じたいと思うのは
 
エネルギー場での交流を知っているからです。
 
エクスタシーというのは身体の喜びもそうですが、
 
それ以上に愛のエネルギーの交流による最高の喜びなのです。
 
宇宙の絶対幸福の喜びなのです。
 
 
そして、この人とエネルギーの交流をしたら自分は
 
どう変化するのでしょうか?という興味もあります。
 
 
ですので、個性によりいろいろな愛の交流の形は違います。
 
物質的な意味(次の世代を残す)よりも、エネルギーの
 
交流の方を好む人もいます。
 
そういう意味ではみんなそうなのですが、
 
社会的に〇ックスは男女でするもの、
 
次の世代を残すためにするものという(特に宗教によって)
 
刷り込みをされてしまっているので性別にこだわらない
 
〇ックスに関して違和感を感じるのです。
 
何故宗教で〇ックスに快楽を求めてはいけないとされるのかと
 
いうと、エネルギー場でのエクスタシーを知られたくない
 
からなのです。
 
愛の交流のエクスタシーを知ってしまうと、軽い次元と共振し
 
支配者にとって都合の悪いことを思い出されてしまうからです。
 
だから、〇ックスに関して本当の事を言わないのです。
 
〇ックスをタブーにしようとするのです。
 
 
まだまだお話したいことがあるのですが長くなってしまい
 
ますので今日はこのくらいにしたいと思います。
 
ご質問の、女性が女性と〇ックスをしたいと思うのは宇宙的に
 
おかしなことなのでしょうか?という事にはまったく
 
おかしなことではありませんとお答えしたいと思います。
 
 
あなたに愛をこめてお伝えいたします。」
 
 
 


ありがとう、アシュタール! 感謝します。

マイコメント

今回のアシュタールのメッセージで多くの疑問が氷解したのではないでしょうか?

ホモあるいはレズという関係が問題はないということです。

あくまでもセックスはその一連の関係性の中で生じるものでおかしいものでは

ないということですね。

そういわれると多くの人が「それはおかしい」と異口同音に言うかもしれません。

でも、それは支配者が「異常なこと」として認めないようにしてきたという背景が

そこにあるので、それがなければ許容されていたことでしょう。

教団でもシスターしかいない場所では人の目を盗んで行われていたことでも

あり、ある意味隠された承認と言うことになるでしょう。

だから古今東西どこでもあったことだと言えます。

ただ、生物学的な問題は生じます。

こどもを作らないのですから人類の繁栄にはつながりません。

しかし、一億人いればすべてそういう関係かと言えばかなり少ない割合なので

問題は生じないと思います。

それが3割を超えるようなら問題になりますが・・・。

最近では同性同士の結婚制度の認知と言う流れも出てきましたので、いずれ

法的にも整備されていくだろうと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました