破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:素晴らしい個性を発揮する」

スポンサーリンク
自由だぞ~ アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:素晴らしい個性を発揮する」

今日の破・常識!

個性を発揮出来れば、すごいパワーを持って


たくさん面白いことが出来るのです。

 
その人しか出来ない

面白い表現が出来るようになるのです。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1534 素晴らしい個性を発揮する

「素晴らしい個性を発揮する」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
人はそれぞれです。

 
これが正しい人だ・・という人はいません。

 
そのようなモデルケースを求めないでください。

 
そして、そこから離れた人を病気にしないでください。

 
あなた達の社会は、没個性を良いことだとしています。

 
・・と言うより、没個性にしたいのです。

 

あなた達の社会のトップの人たち(支配者たち)は、

 
個性はいらないと考えています。

 
没個性で、みんながいっせいに同じことをする事を


良しとした社会にしたいのです。

 
そのために学校システムを創ったのです。

 
学校を創った目的は、勉強を教えることではなく


没個性の人を育てることなのです。

 
自分の頭で考えず、教えられたとおりに行動する人を

 
育てることが目的なのです。

 
鋳型工場のように、同じ形のものを作りだす


オートメーション工場のようなものなのです。

 
自分の頭で自由に考えはじめると


社会のシステムに疑問を持ちはじめ


そして、彼ら支配者のことに気がつき、彼らの支配から

 
逃れようとするので、それを阻止したいのです。

 

いま、テラの波動が軽くなり、それに共振して


人々の波動も軽くなりつつあります。

 
特に子供たちはその波動に共振しやすいので


自由になりはじめて来ました。

 
だから、たくさんの病名を作りだしたのです。

 
精神的な病気をたくさん作りだし、自由に生きようとする


子ども達(子どもだけではなく大人もですが)を


社会的な不適合者のように扱い、薬を飲ませ


セルフイメージを下げ、自信を失わせているのです。

 
いま、子ども達につけられている病名の病気などありません。

 
すべて、ムリヤリに作りだした病名です。

 
それらは、病気などではなくただの個性です。

 
おとなしくじっと座って何かをすることが好きなこともいれば、

 
身体を動かすことが好きな子もいます。

 
身体を動かして自分を表現するのが好きな子は

 
じっとしていることが苦手なのです。

 
それは個性です。

 
精神的な病気などでは決してありません。

 
人の前で話をしたりする(自分の表現をする)のが


好きな子もいれば、人前で表現をするのが好きではない子もいます。

 
みんな同じになる必要はありません。

 
・・というか、同じになんて絶対になれないのです。

 

個性を個性として受け止めてください。

 
個性をしっかりと表現出来るようにしてください。

 
個性を病気と考えないでください。

 
この人が正しい姿です・・などというモデルケースなど

 
求めないでください。

 
それは、支配者たちがあなた達に求めている姿です。

 
支配者たちに都合の良いだけの姿なのです。

 
みんなそれぞれ違うのです。だから、楽しいのです。

 
みんなが同じ姿、同じ行動、同じ思考になったら


何も楽しくありません。

 
ただ生きるために生きるだけになってしまいます。

 
人生を楽しむことが出来なくなってしまいます。

 

あなたはあなた自身の個性を表現するために、

 
テラに生まれて来たのです。

 
みんなと同じ事をするために生まれたのではありません。

 
従順で支配者の都合の良い人になるために


生まれたのではないのです。

 
もう一度お伝えします・・・

 
いま、あなた達が病気だと思っている症状は、

 
病気ではなく個性だということです。

 
個性の強い人もいれば、あまり外に向かって表現しない人もいます。

 
没個性を望んでいる社会では、個性の強い人を排除したいのです。

 
ですから、病気にしようとするのです。

 
病気だと思わないでください。

 
病気だと思ってしまうと、病気を治さなければいけない


と思ってしまいます。何も治さなくていいのに


治さなければいけないという思考になって

 
没個性を目指しはじめてしまうのです。

 
もし、病名をつけられた人が身近にいたとしても


その人を病人だと見ないでください。

 
病人だとみてしまうと、本当にその人は病人になってしまいます。

 
ずっと自分は病気で、社会では落ちこぼれで、ダメな人だと

 
思ってしまうことになります。

 
素晴らしい個性を発揮することが出来なくなってしまいます。

 
素晴らしいパワーを失ってしまいます。

 
個性を発揮出来れば、すごいパワーを持って


たくさん面白いことが出来るのです。

 
その人しか出来ない、面白い表現が出来るようになるのです。

 
みんなそれぞれに、素晴らしい個性、パワー


アイディアを持っています。

 
それを大切にしてください。

 
没個性の社会には出来ないことが出来るようになります。

 
とても楽しい社会を創造することが出来るのです。

 

あなたに愛をこめてお伝えいたします」

 


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

個性を重んじ個性を大切にしないといけないのは私たち大人でしょう。

今の大人たちはすべてこれまでの学校教育で従順になることを学び、それから

弾かれることをとても嫌がる中で育ってきました。

ところが今の子供たちはそれぞれとても個性豊かで自分の頭で考えようとして

いてこれまでの常識の範疇に収まり切れないようなってきたのです。

2021年4月7日に投稿したYouTube動画で、中学校への「不登校宣言」をした

ユーチューバー・ゆたぼんが話題になっていることは知っていると思います。

その動画を紹介しておきます。

元小学生ユーチューバー・ゆたぼん「不登校教育」めぐり激論 本人は「ほっとけ、俺の人生や!」

炎上してる件について


いや~痛快です。

まさにアシュタールやさくやさんの語ることそのままのことをゆたぽんが

言ってくれました。

もう、この動画を見たら何も言うことないですね(笑)。



コメント

タイトルとURLをコピーしました