世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:”ひとのために”という言葉に気をつけて!」

スポンサーリンク
考える アセンション

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:”ひとのために”という言葉に気をつけて!」

ミナミAアシュタールRadio64

いつ来るかわからない…でも必ず来るんです!

vol.149 「方向性が決まらなきゃどこにも行けませんです!」
vol.150「いつ来るかわからない…でも必ず来るんです!」

ミナミAアシュタールRadio64「いつ来るかわからない…でも必ず来るんです!」

コロたんどこ行った?

JALからお知らせ(宣伝)のメールが来たのでHPを
見に行ったら
マスク着用に関するお願い

っていうページが目に入ったんですね。


空港および機内においては、お客さま同士のご不安解消のため、
皆さまへ必ずマスクなど*の着用をお願いしています

・・って、あなた!
もうコロたん関係ないじゃん!!
コロたんはどこ行ったぁ~~(・ω・。)キョロキョロ (。・ω・)

最近至る所で同じような事を聞きます。
人とのいざこざを起こさないためにMちゃんを
してください・・のスタンス。

じゃあ、Mちゃん出来ない人、したくない人の気持ちは?
ってなりますよね。
でもそれを主張すると自己中だの、危険人物だの言われる。
めっちゃ理不尽!!!!!!
一方的に何の根拠もなく、自分に納得できないルールを
押し付けられるってなんなん??

ていうより、ホント、コロたんどこ行ったぁ~~
    (・ω・。)キョロキョロ (。・ω・)

では、アシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「”ひとのために”という言葉に気をつけて!」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。
 
自己犠牲を強いるものは拒否してください。
 
自己犠牲を強いるところには愛はありません。
 
愛という言葉を使って自己犠牲を求めるのは
 
愛ではないという事を強くお伝えしたいと思います。
 
 
愛という言葉を装い何かを強いられるときは
 
強いて来る人をしっかりと見てください。
 
その人がどういう意図、目的をもってそのような事を
 
強いて来るのかを見てください。
 
 
それをイヤだとか、拒否反応を起こす自分には人を愛すると
 
いう事が出来ないのか・・などと思う必要はまったくありません。
 
 
あなたがイヤだと言っている事を強いてくる方が愛が
 
ないのです。
 
他の人のために・・とても美しく聞こえる言葉です。
 
でも、人のためにあなたが我慢しなさいというところに
 
愛はありません。
 
あなたは我慢するべきなのです・・と低く見られていると
 
いう事です。
 
あなたに対する尊敬と感謝の気持ちはありません。
 
 
人のために生きるのが素晴らしい生き方だとするのは
 
支配しやすいからです。
 
いままでもこの言葉でどれだけの犠牲をあなた達は払って
 
来たでしょうか?
 
戦争がそうですね。
 
 
あなたの大切な人を守るために・・と言う言葉で戦いに
 
行かされました。
 
身内を戦争に行かせた人にとって大切な人は誰ですか?
 
という事を考えることも出来ないようにされたのです。
 
会ったことも存在している事も知らない人のために、自分の
 
現実にいる大切な人を戦争に行かせるのです。
 
一番大切な人を犠牲にして自分の現実には存在しない人を
 
守るなど言語道断、ナンセンスにもほどがあります。
 
 
それさえもわからなくなるくらいあなた達にとって
 
人のためという言葉が刷り込まれてしまっているのです。
 
 
彼ら支配者たちはこれをよく知っています・・と言うより
 
この考えを刷り込んだのは彼らなのです。
 
彼らは常にこの言葉を出します。
 
 
人のために、愛のために、絆のために・・・
 
これをスローガンにあなたに我慢と自己犠牲を強いるのです。
 
 
愛という言葉に気を付けてください。
 
人のためにという言葉に気を付けてください。
 
 
そこには愛はありません。
 
人のためにと自己犠牲を強要されるのは
 
愛の世界ではありません。
 
都合よく支配され、コントロールされ、搾取されるだけです。
 
 
 
あなたに愛をこめてお伝えいたします。」
 
 


ありがとう、アシュタール! 感謝します。  

マイコメント

「人の為に」と言う言葉はまさに麻薬です。

その言葉一つで人の感覚を麻痺させてしまうからです。

聞き心地の良い響きを持って訴えかけてくる魔法のような言葉です。

その言葉を囁かれただけで誰もが断り切れない圧力を感じます。

それは人の為になる行為はすべてにおいて正当化され善意を持つ

人の聖なる行動だと教えられてきているからです。

そして、それとは反対の考えや行為あるいは同意しない人は

まさしく悪の権化とでも言われそうな勢いを持ちます。

その行為は自分以外の誰でもいいのです。

要するに「人の為に」と言う言葉に洗脳されてしまっているということです。

そこには「本当にそれでいのか?」という疑問を差し挟むことを許しません。

戦争もそのひとつで「国のために」ということで正当化されます。

戦争では殺人は称賛される行為になります。

それでも無益な殺戮は戦争犯罪として罰せられるようにはなっていますが

だからと言ってそれ以外の行為が正当化される理由にはなりません。

そのため「人の為に」と言う言葉が存在する理由をよくよく考えなおして

みないといけないものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました