世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:それはあなたにしか出来ないのです」

スポンサーリンク
選択肢 アセンション

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:それはあなたにしか出来ないのです」

ミナミAアシュタールRadio70


タイムトラベル

vol.161 「当たり前…だから?!」
vol.162 「タイムトラベル」

ミナミAアシュタールRadio70「タイムトラベル」

「それはあなたにしか出来ないのです」by アシュタール


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。
 
あなたの人生はあなたの人生です。
 
誰もあなたに代わってあなたの人生を送ることは
 
出来ないのです。
 
そして、あなたもそれは望まないと思います。
 
 
ならば、自分の人生を自分の好きなように生きてください。
 
あなたの人生なのですから誰に遠慮する必要もありません。
 
他の人もそうです。
 
みんなそれぞれに自分の人生を生きているのです。
 
 
誰もあなたの人生に責任を取ることは出来ません。
 
あなたの人生においての責任はあなたしか取れないのです。
 
誰かがこうしなさいと言ったからとあなたがそうしたとしても
 
それはあなたが決めた事になるのです。
 
分かりますか?
 
 
とても信頼できる人が私にこうしなさいと言ったからしたのに
 
それで自分にとって良くない事が起きた、それに対する責任を
 
取ってくださいといくら言ったとしてもその人は責任は
 
取りません。
 
というより、責任を取ることが出来ないのです。
 
そうですね。
 
 
もし信頼できる人から、とてもいい方がいらっしゃるからと
 
結婚を勧めれ、その信頼する人を信じてその方と結婚したと
 
します。
 
その方はとてもいい方かもしれませんが、実際生活してみて
 
あなたと合わないかもしれないのです。
 
その時、その信頼する方に文句を言っても仕方がないですね。
 
あなたがいい人だと言ったから結婚したのに・・なんて言葉は
 
通用しないことはわかりますね。
 
 
その人がいくらいい人だからと言ったとしても、最終的に
 
決めたのはあなたなのですから、その結婚がうまくいかなくても
 
それはあなたの責任だという事です。
 
 
責任という言葉にイヤな気持ちになると思います。
 
責任=罰という風に教えられてしまっているからですね。
 
責任というのは結果を受け入れるという事です。
 
罰を受けるという事ではありません。
 
とてもハッピーな事が起きてもそれはあなたの責任で
 
起きた事なのです。
 
この表現はとても違和感を感じると思います。
 
 
人生に対する責任というのは、自分で選んだことの結果を
 
受け入れるという事をお伝えしたいのです。
 
自分の人生は自分の選択の結果です。
 
選択は思考によって変わります。
 
 
ですから、あなたの思考があなたの人生の結果になって
 
いるということです。
 
誰かの言葉に影響を受けることはたくさんあると思います。
 
でもその人の言葉に影響を受ける思考をあなたがしていると
 
いうことですね。
 
 
だから、自分の思考に責任を持ってください。
 
あなたの思考に責任を取れる人は誰もいません。
 
それはあなたしか出来ないのです。
 
 
ですから、つねに自分の人生として考えてください。
 
何か起きても誰かに責任を取ってもらおうと思ってもムリなのです。
 
その責任(結果)はあなたが受け入れるしかないのです。
 
 
ならばあなた自身が納得できる選択をしてください。
 
あなた自身が納得できる選択です。
 
それにはあなた自身の思考をしっかりといつも見ていてください。
 
自分はこの件に関してどう考える、そして、その選択をした場合
 
どのような結果が予測されるか、その結果が納得できるかどうかを
 
いつも考えてください。
 
それには知識も必要になります。
 
 
そうすれば、ブレることがなくなります。
 
誰に何を言われてもブレることがなくなり、すべて自分で
 
納得できる結果になります。
 
それが自分の人生の責任を取るという事なのです。
 
 
自分の人生は自分で責任を取ってください。
 
誰もあなたの人生の責任は取ってくれません。
 
 
それを忘れずにいることが出来れば、あなたの人生は
 
あなたの好きにすることが出来ます。
 
ご機嫌さんでいることが出来ます。
 
 
あなたに愛をこめてお伝えいたします。」
 
 
 



ありがとう、アシュタール! 感謝します。  

マイコメント


よく責任を取れと言うことが言われます。

会社での不始末の責任と言うと主に給与の減給とかで行われますが

それはあくまでも代替え手段を取ったにすぎず、会社の損失は消えて

いないということを理解しておくべきです。

あくまでも第三者から見て給与が言及されたのだから責任を取って

もらったということで気持ちの負担が減っただけのことです。

私たちの責任を取るというのはお金で代用されることが多いのです。

例えば、今コロナワクチンの接種が日本で進んでいますが、もし

ワクチン接種で身体の不具合や後遺症、死亡などと言った事態に

なったときに政府が何らかの補償をするかもしれません。

でも、後遺症や死亡した人の状態を元に戻すことはできません。

ワクチンによる後遺症と言うのは中でも治りにくいものです。

それを責任を取れと言ってお金を少しばかりもらったとしても

本人の健康は取り戻せません。

さらにその後の人生が完全に狂い健康だったときに出来たで

あろうことはほとんどできなくなります。

それでも、その責任(自分の身体に起きたことを受け入れる)

を取ることは自分が受け入れることしかないのです。

誰も代わってくれません。

だから、よくよく考えたうえでワクチン接種を受けるかどうか

考えるべきです。

後遺症の発症率が5%しかないと言ってもその5%に自分が含まれ

るかどうかが誰にも分らないのです。

それをもし後遺症を来した時に運が悪かったねと諦められるでしょうか?

そのときにワクチン接種は予防に有効だとあなたは言ったでしょう。

と言ってももう遅いのです。

打つリスクと打たないリスクを比較したときに打たなかったときの

方のリスクは低いのです。

自分の人生を有意義なものにしたいと思うならば十分調べたうえで

結論を出すようにしましょう。




コメント

タイトルとURLをコピーしました