破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:その議論もナンセンスなもの」

スポンサーリンク
ニコラテスラ アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:その議論もナンセンスなもの」

今日の破・常識!


あなた達の概念を持ったまま

宇宙のことを探求しようとしても

 
何もわからないということです。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1552 その議論もナンセンスなもの

「その議論もナンセンスなもの」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話出来ることに感謝します。

 
すべては波動エネルギーなのです。

 
波動エネルギーで出来ているということが理解できなければ

 
真実は何もわかりません。

 
どんなに仮説を立て研究を重ね


実験を繰り返しても何もわかりません。

 
波動エネルギーは意識で動きます。

 
ですから、実験をしてもそれは実験者の思考によって変わるからです。

 
こうなってほしいな、こういう結果が出たらイヤだな・・


という実験者の意識が実験の結果に大きく影響を与えるのです。

 
だから、100人いれば100の結果が出てくるのです。

 
もちろん似たような結果になることもあると思いますが


でも誰がやってもピッタリ同じ結果が出ることはないのです。

 
(みんなが何の疑問を感じることなく同じ数値を頭にえがけば


同じ数値が出ることもありますが


それも意識エネルギーでしているということです)

 

宇宙も波動エネルギーで出来ています。

 
そして物質的な宇宙もありますし、エネルギー的な宇宙もあります。

 
あなた達物質世界を体験している人たちから見たら


宇宙も物質だと見えるのです。

 
でも、その物質の宇宙でもあなた達が持っている


時間と空間という概念はないのです。

 
だからその時間と空間という概念をそのまま


宇宙に当てはめて考えていたら

 
宇宙というものを全く理解することが出来なくなります。

 
よく火星などに生命体がいるかいないのか


などで議論をしているようですが

 
その議論もナンセンスなものになっています。

 
あなた達の概念である生命体がいるかいないかという


議論になってしまっているからです。

 
火星には酸素がない、水がない、だから生命体は生存できない・・

 
生命体には酸素や水が必要だという概念から離れられないから

 
そのような話になるのです。

 
火星にも他の惑星にも生命体はいます。

 
(言ってしまえば惑星自体がもすでに生命体なのです。)

 
そして、その星の環境にあった生命体が存在しているのです。

 
酸素も水も必要としない生命体もいますし


あなた達とは全く違う形態の生命体もいるのです。

 
あなた達にとって猛毒である物質を


必要だとする生命体もいるのです。

 
あなた達の概念を持ったまま宇宙のことを探求しようとしても

 
何もわからないということです。

 

宇宙はひとつの意識エネルギーから出来ています。

 
そこが根本なのです。

 
その根本を知らずに枝葉ばかりに目をとらわれていても

 
その木のことは何もわかりません。

 
宇宙に存在するすべてのものは波動エネルギーで出来ています。

 
宇宙そのものが波動エネルギーなのです。

 
すべて・・です。例外はありません。

 
それを知られてしまうとあなた達を支配し


搾取している人たちが困るので、

 
一番大切なことをあなた達に教えないのです。

 
根本を教えずに枝葉ばかりを見て議論を繰り返させているのです。

 

波動エネルギーのことを理解してください。

 
それがわかればすべての疑問が解決します。

 
真実にたどり着くことが出来ます。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」


 



ありがとう、アシュタール!

マイコメント


宇宙はすべて波動エネルギーで出来ているのです。

そして、それは意識エネルギーなのです。

と、言われても、おそらく????????と?が何個も続くでしょう。


それは今の科学の範疇で考えてもわからないからです。

そもそも波動エネルギーの存在を認めていません。

物質やエネルギーの存在は認めていてもすべてが波動エネルギーから

出来ているということは物理の基本原則になっていません。

物理の原則は原子や原子を構成する陽子・中性子・電子であり、その

陽子を構成するクォークで説明されています。

それらの相互作用で物質が存在し動いているとされているのです。


それでは、私たちの意識は?

何で出来ているのでしょうか?

と。問われたときに誰も答えられません。

なぜ?

意識は現代の物理学では測定できないからです。

現代物理学は測定できないものは存在しないものと教えられています。

(ここがポイントでしょうね。そう教えればそれ以外のものは認めては

ならないことになりますから)

だから、意識の存在がわかっていても存在を証明できないのです。


でも、意識が存在していることは自分で考えているから存在しているでしょう?

そうですよね。

おそらく波動エネルギーを測定できれば意識の存在を証明できるでしょう。

現代物理学ではあまり出てきませんがスカラー波というのがあります。

私はそれで波動エネルギーを検出できるのではないかと考えています。

ニコラ・テスラが1891年に発明したテスラ・コイルから、すべてのものを

透過する波を発見し、これをテスラ波と名付けた。

これをスカラー波と呼んでいるようです。

ここに書かれている「すべてのものを通過する波」と言う点がポイントで

通常の電磁波は遮蔽物として例えば鉛などがその先に存在するとさえぎられて

それ以上先には進みません。

ところがスカラー波はどんな物質でも通過するのです。

このスカラー波を用いれば人の思考を操作できるとされソ連で軍事兵器と

して研究されていて実用化されている可能性があります。

しかし、そのようなものは実在してもその危険さから使用されることは

ないだろうと思いますが、ネットを見ると日本でも秘密裏に使用されている

形跡があるようです。

それ以上は私も知りませんが、調べても発行本しか見つからないので購入して

読んでみるしかないと思います。

いつだったかパナウェーブという組織があり、その前身である団体の発行する

本で少しだけ読んだことがあるのでそうした知識があるのです。

おそらく内容は同じでしょう。


私の推測ではスカラー波の強弱により物質生成が可能ではないかと考えて

いますが、そのスカラー波を私たちの意識も出せるはずなので、その使い方が

理解できればと言うより、意識の使い方次第でいろいろなことが可能になる

可能性があるということです。



以上、ここに書いたのはあくまでも私の推測ですのでその点ご了承ください。


いずれにせよ今の現代科学は根本から真実を扱っていないということです。











コメント

タイトルとURLをコピーしました