破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:開き直ってみてください」

スポンサーリンク
覚悟を決める アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:開き直ってみてください」

今日の破・常識!

開き直ってみてください。

 
楽になります。

 
そして、現実もスムーズになります。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1573 開き直ってみてください

「開き直ってみてください」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
考えることをやめた方が多いようです。

 
これは思考停止的なことではなく、開き直ったということです。

 
考えても仕方がないことは考えるのを止そう・・


という感じでしょうか?

 
起きてもいないことをあれこれ心配しても仕方がない・・


といいう感じでしょうか?

 
何か起きたらその時考えればいい・・


と考えられるということはとても良い傾向だと思います。

 
開き直るというのはとても大切なことです。

 
開き直るのと”やけっぱち”(自暴自棄)になるのとは違います。

 
開き直るというのは守りをやめるということです、

 
守るというのは変化を拒否することですので、

 
守るのをやめれば変化することを受け入れることが出来ます。

 
柔軟になれるということです。

 
何かあったらその時考えればいいと


いまを生きることが出来ます。

 
いまにフォーカスすることが出来ます。

 
”いま”が楽になります

 
だから、次の現実も楽になるのです。

 
楽しくなります。

 
楽しくいられるので波動も軽くなり


その波動でまた次の現実を創造しますので


困ったこと(重い現実)を創造しなくなるのです。

 
だから、あなたも開き直ったら物事がスムーズに動き出した


ということを経験したことがあると思います。

 
開き直るということは心配をやめるということです。

 
心配をやめるということは、いまを感じて生きられるということです。

 
起きるかどうかわからないことを心配しても仕方がない・・

 
いまを生きればいいと考えることが出来るのです。

 
だから、良い意味でいまだけを楽しもうと思うことが出来ますので

 
その思考が次の現実を創造し、次も楽しい現実になるのです。

 

このところのあなた達の社会ではたくさんのことが起きています。

 
考えてもどうしようもない・・とあきらめざるを得ないことが

 
次から次へと起きています。

 
だから、思考も変わって来たのです。

 
絶対に大丈夫だと思って信じていたことが


もしかしたら大丈夫ではない?と思いはじめたのです。

 
硬く固まっていたハートにひびが入った感じと


表現したらお分かりいただけますでしょうか?

 
絶対にこうすれば大丈夫だと思っていた計画が


絶対だと思えなくなってきたのです。

 
ある意味常識を疑う方向へ向かって来たのです。

 
大変なことが起きているように見えますが


そういう視点で見れば、軽い方向を向いている人たちにとっては


良い傾向だということです。

 
いままでのやり方は通用しない・・


じゃあ、どうしよう?と考えることが出来るように


なって来たということです。

 
将来のためにいまを我慢して生きることが正しいとされていた常識を

 
本当にそうなのかな?と疑うことが出来るようになって来たのです。

 
守ることが良いことだと思っていたのが


守るってどういうことでしょうか?何を守ればいいのでしょうか?


という発想になって来たということです。

 
ですから、将来の不安からいまの環境を守ろうと必死になって

 
苦しくて仕方がなくなり、苦しさに限界が来て、もういいやと


守りを手放した方が多くなってすっきりとした空気感が出たのです。

 

開き直ってみてください。

 
楽になります。

 
そして、現実もスムーズになります。

 
守ることをやめ、変化を受け入れ、来るかどうかもわからない将来を

 
心配することもやめて、いまが楽しくなるようにどうすればいいかに

 
フォーカスしてみてください。

 
現実はとても楽に楽しくなります。


思考が先、現実はあと・・なのです。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」


 


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

またまたコロナの話題で恐縮ですが、そもそも2019年の暮れから始まったコロナ騒ぎが

あれからもう1年半となっているのに未だに続いていることをおかしいと思わないの

だろうかと思うのです。

それに毎日毎日テレビでは必ずコロナ報道です。

これほど一年中来る日も来る日もコロナ感染者何人、重症者何人です。

今度はこれにコロナワクチンが加わり、ワクチン接種をしきりに煽っています。

インフルエンザの時にはあれほど騒がなかったワクチン接種をなぜコロナだけ

特別扱いなのか?


私はワクチンを打つつもりは一切ありませんが、ここのところ会う人ごとに

「ワクチン打たないように」と勧めているせいか周囲からは変人?という

目で見られていると友人が教えてくれました。

変人?

まあ、いいでしょう。変人と思われていても・・・。

友人には「別に気にしないからいいよ!」と言っておきましたが友人も

気がかりでしょう。

こんな変人を友人に持ったんですから(笑)。

その友人にも先日息子の恋人から「ワクチン打たないように」という

とても長~い、長~いメールが届いたそうです。

それを聞いて、わかっている人はわかっているんだなと思いました。

最近になって死亡者が増え続けていますが、ネットが普及しているせいか

テレビでは報道されていないことがどんどん情報として入ってくるように

なりました。

だから、ワクチンのインチキに気付く人々が増えてきているのでしょう。

政府は今焦っていて何とかしてオリンピックが始まる7月前までに

全国民にワクチンを打たせようと必死のようです。

菅総理も一日も早く目標をクリアしたいと意気込んでいて

 新型コロナウイルスワクチンについて菅義偉首相が掲げた「1日100万回接種」の目標をめぐり、首相は28日夜の記者会見で「6月中旬以降には、(接種の)打ち手も含めて100万(回)に対応できるような態勢ができてくる」と説明した。


という談話を発表しています。

一日100万回実施できれば2か月で6000万人の接種を終えることが出来るので

何とかなるだろうと思っているようです。

今年の年末にはほぼ終えていておそらく3度目の接種が推奨されていることでしょう。

そして、ワクチン接種後の人々の状態がどうなっているのか?

そのときになればほぼ明らかになってくると思います。






コメント

タイトルとURLをコピーしました