ワクチンを接種した人がデルタ変異株による感染症を拡大させる可能性があるという新たなデータ

スポンサーリンク
コロナ コロナワクチン

ワクチンを接種した人がデルタ変異株による感染症を拡大させる可能性があるという新たなデータ

CDC、コロナ流行地域のワクチン接種者に室内でのマスク着用再開を要請

ワクチンを接種した人がデルタ変異株による感染症を拡大させる可能性があるという新たなデータを引用し、保健当局はワクチン接種の有無にかかわらず、
学校のすべての教職員や生徒がマスクを着用するよう呼びかけている

ワクチンを接種した人がコロナウイルスを拡散する可能性があり、特定の状況下ではマスクの着用を再開すべきであると、米国の公衆衛生当局のトップが火曜日に発表した。これは、突然変異したデルタ型が春の有望なトレンドラインを覆してしまったことを認める暗い内容である。

疾病管理予防センターのロシェル・ワレンスキー所長は、午後のニュースブリーフィングで記者団に対し、デルタ・バリアントの驚くべき感染力と多くの地域でのワクチン接種率の低さによって引き起こされた夏の感染者の急増が、同センターの手を煩わせることになったことに失望し、落胆を表明した。

ワレンスキー氏は、「すでにワクチンを接種した人たちの生活にマスキングが必要になるというのは、歓迎すべきニュースではありません」と認めています。”この新しいガイダンスは私に重くのしかかっています。”

同局は、感染率の高い地域に住んでいる人は、ワクチンを接種していても、屋内の公共スペースではマスクを着用するよう勧告しています。また、ワクチンを接種した人であっても、幼い子供や免疫力の低い人など、感染しやすい家族を持つ人は、屋内の公共スペースではマスクを着用するよう勧告しています。

また、同局は、学校の教職員や生徒に対して、ワクチン接種の有無にかかわらず、普遍的なマスクをするよう呼びかけています。CDCは引き続き、秋には対面式の学習に戻ることを推奨しています。

ワシントン・ポスト紙の調査によると、7月に入って全国で確認されたコロナウイルスの感染数は4倍に増え、月初めには1日平均約13,000件だったのが、現在は56,000件以上になっています。伝染力の強いデルタ型のウイルスが復活したことを受けて、ここ数日、ワクチン接種を義務付ける公営企業や民間企業の数が増えています。バイデン大統領は火曜日、連邦政府の職員にワクチン接種を義務付けることを “現在、検討中 “と述べました。

ワレンスキー氏は、デルタ・バリアントは、事実上、別のウイルスであり、ワクチンを接種した一部の人々の間でも感染が発生する可能性があるが、その程度ははるかに低いと説明した。「デルタ・バリアントは、我々の裏をかき、我々が対応策を講じていない地域で日和見主義者になろうとする意志を日々示しています」。

ワクチンは重症化や死亡を防ぐのに高い効果を発揮していますが、完全なシールドにはなっていません。ワレンスキー氏によると、ワクチンを接種した人がデルタ型に感染した場合、ワクチンを接種していない人と同程度のウイルス量を持っている可能性があり、他の人に感染させてしまう可能性があるということです。このような感染は、以前のバージョンのウイルスではあまり見られませんでした。

今回の勧告では、5月13日に発表された「コロナウイルスワクチンで保護されているため、ワクチン接種者は屋内外でマスクを着用する必要はない」という指針が大幅に変更されました。当時、コロナウイルスの感染者数は激減しており、初期のウイルスに比べて2倍以上の感染力を持つとされるデルタ型のウイルスは米国では流行していませんでした。そのため、ワクチンを接種できない幼い子どもを持つ親などは、規制緩和によって子どもたちのリスクが高まるのではないかと懸念していましたが、そのような声はありませんでした。

バイデン氏の主任医療顧問であるアンソニー・S・ファウチ氏は、インタビューで「5月13日以降、状況は明らかに変化した」と述べています。

「ワクチンを接種した人がウイルスを伝播しており、その程度は明らかではありませんが、伝播していることは間違いありません」とFauci氏は述べています。「ワクチンを接種した人は、たとえ無症状であってもウイルスを伝播する可能性があり、これが今回の勧告の科学的根拠です」。

ワレンスキー氏は、政府機関の科学者たちが、ワクチン接種者の画期的な感染は稀であると考え続けていることを強調し、「国内での感染は引き続き非常に少ない」と付け加えました。

また、このガイダンスは、ウイルスの感染が「かなり」または「高い」と報告されている郡に住んでいる人や働いている人に適用されることを強調しました。火曜日の午後の時点では、南部と中西部の広い範囲を含む米国の63%以上の郡がこの定義を満たしており、1週間前の約46%から増加しています。アーカンソー州、フロリダ州、ルイジアナ州、ミズーリ州などでは、ほぼすべての郡で感染力が「高い」と報告されています。

ワレンスキー氏によると、いくつかの州や郡では、コロナウイルスの感染率が「高い」と判断される基準の少なくとも3倍に達していたとのことです。このような「異常な量のウイルス感染」があったからこそ、当局は行動を起こさざるを得なかったのだと言います。

今回のマスキングの変更に加えて、政府は、ワクチンを接種した人でも、コビド19の症状がある場合や、感染が疑われる、あるいは確認された人と最近接触した場合には、検査を受けるべきだとしています。また、ワクチンを接種した人でも、コロナウイルスに陽性反応が出たり、症状が出たりした場合には、隔離すべきだとしています。

インドで発見されたデルタ型の感染が急速に拡大していることに、米国政府は驚きを隠せません。米国では2月に最初の感染が確認されましたが、数ヶ月間はほとんど影響がありませんでした。

一方、イギリスで最初に確認されたアルファ型は、国内で優勢な株となりました。しかし、6月になると、デルタ型が急激な勢いで広がり始めたと、ゲノミクス企業「ヘリックス」の科学者ウィリアム・リー氏は述べている。リー氏によると、火曜日には、デルタ型が全国の感染者の90%以上を占めるようになったという。一方、アルファ・バリアントは、陽性反応の約3%にしか見られないという。リー氏は「ほとんどなくなった」と語った。

CDCの変更されたガイダンスは、制限の強化を求めていた医学・公衆衛生の専門家の多くに歓迎されました。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校医学部のロバート・ワクター教授は、「誰も後戻りはしたくありませんが、現場の事実に対処しなければなりません。現場の事実とは、非常に恐ろしい時代であり、多くの弱者がいるということです」と述べています。”最大の間違いは、国民の30%がワクチンを接種しないことを選択することを想定していなかったことだと思います。”

コーネル大学のウイルス学者であるLuis Schang氏は、パンデミックによる被害の大きさを考えれば、マスクの着用は「小さな努力」であると述べ、この変更を賞賛しました。

パンデミックの苦しみを考えれば、マスク着用は「ささやかな努力」であり、「永続的なものではなく、これは強調すべき重要な点です」とSchang氏は述べ、さらに、ワクチンの効果は依然として高く、接種率も上昇し続けていると付け加えました。「これは何年もやらなければならないことではありません。これは数週間、おそらく2、3ヶ月のことです。”

しかし、公衆衛生の専門家の中には、マスクを着用すべき人を決定するために郡レベルの差に依存していることに抜け穴があると警告する人もいます。

「マスク着用の推奨を地域の感染レベルに基づいて行うのは、理論的には良いアイデアです。ピッツバーグ大学医薬品政策・処方センターの所長であるWalid Gellad氏は、「理論的には良いアイデアですが、実際には郡に国境はなく、人口も混在しています。「高リスクの郡の中で低リスクの郡は、低リスクではありません」と述べています。

CDCの指導により、連邦政府の支援がなければマスク着用義務の復活に消極的だった地方自治体が、マスク着用義務を復活させるようになることを期待しているという関係者や専門家もいます。例えば、7月中旬にロサンゼルス郡が主要な郡として初めて屋内でのマスク着用義務を復活させた際には、同郡に含まれる6つの町の選出議員から怒りの声が上がったといいます。

「ネブラスカ大学の感染症専門医であるJames Lawler氏は、電子メールで次のように述べています。「私たちは、少なくとも秋と同程度の感染力があると見ています。しかも、(ワクチン)接種率の低いほとんどの州では、緩和策が講じられていません。

専門家やバイデン政権の一部の保健省高官は、CDCが指針を変更するためにもっと迅速に動かないことに苛立ちを感じていると述べています。

指針を知る3人の関係者によると、CDCの指導者は、マスキングの利点や伝達性の高いデルタ型がどのように広がっていったかについて、より多くのデータを求め、コロナウイルスの感染者が急増する中で、より迅速な対応を望んでいた他の政権関係者の不満を募らせていたという。

また、予防接種を受けた人にマスクの着用を義務付けることで、予防接種の効果が低いと判断され、予防接種に消極的なアメリカ人がさらに予防接種を受けなくなるのではないかと懸念する政府関係者もいた。

あるバイデン氏の関係者は、秘密の会話をするために匿名を条件にして、CDCについて「彼らはあまりにも長く待ちすぎた」と語っています。

CDCの海外パートナーの中には、すでにマスク着用義務を復活させたり、マスク着用義務を緩和する計画を延期したりしているところもあります。イスラエルでは、6月15日に屋内でのマスク着用義務が解除されましたが、デルタ型の感染者が急増したため、6月25日にマスク着用義務が復活しました。オーストラリアやフランスなど他の国では、デルタ型の新型インフルエンザが発生したため、この夏、マスク着用に関する地域的なルールが復活しました。

東アジアでいち早くパンデミックからの脱却を果たした韓国では、政府が6月に一部の住民に予防接種を行い、近々屋外でのマスク着用を許可することを発表しました。しかし、この緩和されたルールが実施される前に、韓国政府はソウルとその周辺地域でのルールを中止し、完全にワクチンを接種した住民にも屋内外でのマスクの着用を命じました。

CDC urges vaccinated people in covid hot spots to resume wearing masks indoors
The recommendation will change guidance by the agency in May saying that vaccinated individuals did not have to wear masks indoors or out because of protection ...

アメリカでは、コロナワクチン接種者がデルタ変異株による感染を広げている元凶となっているということが、もう明確にさせられている。
それなのに、日本の三馬鹿知事は。西村君に緊急事態宣言を要請している。www

お粗末というかなんというか、これでは感染対策にも何にもなりませんよ。いったいどうすりゃいいのかね~。このバカさ加減( ̄▽ ̄;)
間違った対策なんか意味がないことをはっきりさせましょう。そうじゃないと、奴らはいつまでもやり続けるからね。

首都圏3県 新型コロナ感染急拡大で「緊急事態宣言」要請へ

新型コロナの感染拡大が深刻な状況になっている首都圏の神奈川・埼玉・千葉の3県は、政府に対して「緊急事態宣言」を要請する方向で調整しています。

神奈川県 黒岩知事「3県の意向は固まっている 国と調整」

神奈川県の黒岩知事は新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な状況になっているとして、近く埼玉県と千葉県とともに政府に緊急事態宣言を出すよう要請する考えを明らかにしました。

神奈川県内の新規感染者数は今月6日から22日連続で前の週の同じ曜日を上回っていて、27日は758人とことし1月21日以来半年ぶりに700人を超えました。

こうした状況について黒岩知事は28日午前「いちばん心配していた感染者激増のモードに入ってしまった。ワクチン接種を急いでいるが、いつピークアウトできるのか、医療現場は崩壊する直前だ」と述べました。

そのうえで「埼玉県、千葉県を含めた3県の意向は固まっているが、緊急事態宣言を出す国との調整を行っているところで、いつ要請するかはまだ決まっていない。神奈川県としては1都3県がまとまって対応することが効果的だと考えていて、近々そういう形になると思う」と述べ、近く3県がそろって政府に緊急事態宣言を出すよう要請することになるという考えを示しました。

埼玉県 大野知事「調整の最終段階」

埼玉県の大野知事は、政府への緊急事態宣言の要請について28日夜に開かれる県の専門家会議に諮る方針を決めたことが関係者への取材で分かりました。

大野知事は、緊急事態宣言の要請について27日の定例会見で「選択肢に入れながら神奈川県や千葉県と意見を交わしている」と述べ、早急に対策をとる考えを示していました。

28日午前、NHKの取材に対し「調整の最終段階だ」と述べましたが、関係者によりますと緊急事態宣言を政府に要請することを決め、28日夜開かれる県の専門家会議に諮問するということです。

県は、専門家会議の内容を踏まえ神奈川県や千葉県とともに国に要請する方向で調整を進めることにしています。

千葉県 熊谷知事「年末年始の状況 超えること間違いない」

千葉県は28日にも県の対策本部会議を開き、政府に対して緊急事態宣言を要請することを決めたい考えで、市町村に措置内容について説明するなど調整を進めています。

千葉県の熊谷知事は27日、県内の感染状況について「感染者の多かった年末年始の状況をはるかに超えることは間違いない」として強い危機感を示し、国や神奈川県、埼玉県とも緊急事態宣言の発出について協議を進めていることを明らかにしていました。

加藤官房長官 “要請出されれば速やかに検討”

加藤官房長官は午前の記者会見で、首都圏の3県では新規感染者数が増加していることから感染状況などの認識を共有しているとして、緊急事態宣言を発出するよう要請が出されれば速やかに検討する考えを示しました。

この中で加藤官房長官は、緊急事態宣言が出されている東京に加えて首都圏の埼玉、千葉、神奈川の3県では新規感染者数の増加が続いていることから27日、関係閣僚で強い警戒感を共有したと説明しました。

そのうえで、千葉県の熊谷知事が緊急事態宣言の発出を政府に要請する考えを示していることについて「千葉県を含む3県との間で感染状況や医療提供体制の状況のほか、対策の効果なども含め認識の共有化を図っている。仮に要請が出されれば速やかに検討を行い、基本的対処方針にのっとって判断していくことになる」と述べました。

そして
▽飲酒を伴う会合や、大人数、長時間の会合を控えるほか
▽東京オリンピックは自宅で観戦するなど
不要不急の外出を自粛するよう改めて協力を呼びかけました。

また、記者団からオリンピックへの影響を質問されたのに対し「東京都の夜間の滞留人口を見ると、前回の緊急事態措置の際と比べて緩やかな減少となっているものの減少が続いている。海外から来日した選手や大会関係者に重症者が生じたという報道にも接しているわけではない」と述べ、引き続き対策に万全を期す考えを示しました。 

 

マイコメント

日本でもおそらく同じ道をたどるでしょう。

米国のように感染者のうちワクチン接種者が何%と公表されるならまだしも
日本では絶対に公表されないでしょう。

たとえ事実でも、そんなことを公表したら政権が崩壊しますからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました