「夏ごろには感染増加が懸念」後藤厚労相 全国的に減少傾向も 夏休みの影響を“注視”

スポンサーリンク
後藤厚生労働大臣 ウイルス

「夏ごろには感染増加が懸念」後藤厚労相 全国的に減少傾向も 夏休みの影響を“注視”

なぜ今からそんあことが予測できるの?

新型コロナウイルスの感染者数が、全国的に減少傾向にあるが、後藤厚生労働大臣は、きょうの閣議後の会見で、「夏ごろには感染者数の増加が懸念される」との認識を示した。

全国の感染者数は減少傾向にあり、東京都では、きのう960人の感染が確認され、およそ5カ月ぶりに1000人を下回った。この現状について、後藤大臣は、3回目のワクチン接種が進むとともに、梅雨を迎えて、人の流れが抑制されることなどから、大都市部では、短期的な予測では、減少傾向が続くとされるとの見解を示した。

しかし、7月以降は夏休みの影響もあり、人と人との接触の増加が予想される他、オミクロン株の新たな系統への置き換わりが進む可能性もあるとして、「夏ごろには感染者数の増加が懸念され、医療提供体制への影響も含めて注視していく必要がある」との認識を示した。

マイコメント

明らかに夏ごろと言うのは参議院選挙が終わった後ということです。

こんなわかりやすい話はありません。

しかも夏ごろ増える根拠が何も示されてないのです。

また、コロナの再増加なのか他のウイルス病が流行するのかも明確に

していません。

要するに今は参議院選挙前だからおとなしくしているだけと言うことです。

昨日国会が閉会して与党が出した法案すべてが成立し、こんなことは久し

ぶりのことだと報じていましたが、何と野党と争うような法案は出さな

かったというのだから当たり前と言えば当たり前です。

それというのも選挙前に強行採決というイメージダウンを招きたくなかった

というんですから、コロナだって選挙前に大幅に増やして自民党が国民の

批判を浴びたくなかったということなのでしょう。

だから、選挙が終われば元に戻しますよと言うとてもわかりやすいお話

だったということです。

コロナワクチンが危険な理由:免疫学者の警告
コロナワクチンが危険な理由:免疫学者の警告
医師が教える新型コロナワクチンの正体 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン
フェイスブックフォロワー15万人以上。医原病や薬害について啓蒙し続けている、 日本一有名な医者による新型コロナウイルスと新型コロナワクチンの詳細な解説書。 まえがきより 本書は「新型コロナウイルスが恐くない理由」「PCR検査が信用できない理由」 「コロナワクチンが危険である理由」「なぜ政府やメディアがここまで危機をあお...


コメント

タイトルとURLをコピーしました