サル痘の発生状況(6月15日まで)WHOの発表

スポンサーリンク
サル痘ウイルス サル痘

サル痘の発生状況(6月15日まで)WHOの発表

拙ブログでもサル痘について取り上げ、サル痘の感染形態は主にSTD(性感染)と知り、私の頭の中からは心配が消えておりましたが、その後どうなったのか気になっておられる方々もいらっしゃるかと思いますのでWHOのHPから続報をご紹介しておきます。

 

規模としては、「2022年1月1日から6月15日の間に、WHOの5つの地域の42カ国から、累積で2103人の実験室確定症例、1人の推定症例、1人の死亡がWHOに報告された」とあります。

 

2103人の内訳として、発生国別に、英国が524人、スペインが313人、ドイツが263人、ポルトガルが241人、カナダ153人、米国72人、ベルギー52人といった具合で、主にEU諸国と北米に集中しています。中南米ではメキシコで5人、ブラジルで5人、アジアではUAEで13人、オセアニアではオーストラリアで7人、アフリカではナイジェリアで36人、コンゴで10人など。(詳細は下の表をご覧ください)

 

但し2022年5月22日現在で14か国97例と報道されていた時から比べ、下のグラフを見て頂ければわかるように、5月以降に急増しています。

 

臨床症状は様々で、病変は主に性器及び肛門周辺に限局してそれ以上拡がらない、発熱、倦怠感などの出現より前に局所病変が出現するようです。死亡が報告されたのは今のところ1人とありますが、死亡の直接原因については記載されていません。

 

Q&Aに「サル痘の重症例による合併症には、皮膚感染症、肺炎、錯乱、視力喪失につながる可能性のある眼感染症などがあります。報告された症例の約3〜6%が、最近、流行国で、多くの場合、子供や他の健康状態に(問題が)ある可能性のある人の死亡につながっています、云々」とあります。

 

他の資料から、視力喪失につながる眼感染症は角膜炎などで、新型コロナなどとは逆に小児では致死率が大人よりも高くなるようです。

 

サル痘ウイルスのユニバーサルイメージ


 複数国で発生しているサル痘の状況:最新情報

2022年6月17日
今回のDisease Outbreak Newsは、6月10日に発表したDisease Outbreak Newsの更新版で、データの更新、監視と報告、

ワンヘルス、集会、リスクコミュニケーションとコミュニティへの参加、海外旅行と入国地点に関するいくつかの詳細が掲載。

今号では、必要な統一的な対応を反映するため、流行国・非流行国の区別をなくし、可能な限り各国の情報をまとめてお伝えしています。

アウトブレイクの概要
2022年1月1日以降、WHOの5つの地域(米州地域、アフリカ地域、欧州地域、東地中海地域、西太平洋地域)の42加盟国からサル痘の患者がWHOに報告されています。6月15日現在、合計2103人の実験室確定症例と1人の推定症例(1人の死亡例を含む)がWHOに報告されています。サル痘の流行は、主に、最近新しいパートナーまたは複数のパートナーとの性交渉を報告した男性と性交渉を持つ男性に影響を与え続けています。

疫学的調査は継続中ですが、最近のアウトブレイクで報告されたほとんどの症例は、一次または二次医療施設における性保健またはその他の保健サービスを通じて発症しており、歴史的にウイルスの存在が知られていなかった国よりも、主にヨーロッパ、北米などの国への旅行歴があり、最近では現地での旅行や全く旅行をしていない症例も増えてきています。

ある国で、1人のサル痘患者が確認された場合、アウトブレイクとみなされます。歴史的にサル痘が報告されている地域との疫学的なつながりが当初なかったにもかかわらず、いくつかの地域でサル痘が予期せず発生したことは、しばらくの間、検出されない感染があった可能性を示唆しています。

WHOは、WHOの地理的に大きく異なる地域の多くの国で同時に多数のサル痘患者およびクラスターが報告されたのは初めてであり、今回のアウトブレイクでは死亡率が低いという事実とのバランスを考慮して、世界レベルでのリスクは中程度と評価しています。

 

アウトブレイクの内容
2022年1月1日から6月15日の間に、WHOの5つの地域の42カ国から、累積で2103人の実験室確定症例、1人の推定症例、1人の死亡がWHOに報告されました。大部分の症例(98%)は、2022年5月以降に報告されています(図1)。

図1:2022年1月から2022年6月15日までのWHO地域別サル痘確定症例、データは2022年6月15日17時(CEST)時点のものです。



注:現在のエピ週間のデータは不完全なため、慎重に解釈する必要があります。

確定症例(n=1773)の大半(84%)は、WHOヨーロッパ地域からの報告です。アフリカ地域(n=64、3%)、アメリカ地域(n=245、12%)、東地中海地域(n=14、1%未満)、西太平洋地域(n=7、1%未満)からも確認例が報告されている。人口統計学的情報と個人的特徴が入手可能な14カ国からの報告例(確定例2103例中468例)のうち、99%が0〜65歳(四分位範囲:32〜43歳、中央値37歳)の男性で、そのほとんどが他の男性と性交渉を持つ男性と自認しています。

図2および表1は、2022年1月1日から6月15日午後5時(CEST)までにWHOに報告または特定された国別のサル痘の症例数を示しています。 

症例数は、より多くの情報が入手可能になり、国際保健規則(IHR 2005)に基づきデータが検証されるにつれて変動しています。

これまでの更新では、アフリカ地域の疑い例と死亡例を含めていました。現在は、主に確定症例と可能性が高い症例に焦点を当て、確定症例と可能性が高い症例の中の死亡例も含めています。

図2. 2022年1月1日から6月15日午後5時(CEST)までの間にWHOに報告された、または公式な公的情報源から特定されたサル痘の症例の地理的分布(n=2103).

表1:2022年1月~6月15日までのWHO地域別サル痘確定症例、2022年6月15日17時(CEST)時点のデータ

 

現在までのところ、この集団発生に関連するサル痘患者の臨床症状は様々です。この集団発生の多くの症例は、サル痘の古典的な臨床像(発熱、リンパ節の腫脹、それに続く遠心性発疹)を呈していない。非典型的な特徴としては、病変が少数あるいは単発であること、性器あるいは会陰・肛門部に始まりそれ以上広がらないこと、病変が異なる(非同期)時期に出現すること、発熱、倦怠感などの体質症状が出現する前に病変が出現すること、などが報告されています。性的接触による感染様式は不明であり、身体的に密接なスキンシップや対面での接触により感染する(感染性の皮膚や病変に直接触れる)ことは知られていますが、精液や膣分泌液などの性的体液が猿痘の感染にどのように関与しているかは明らかでありません。

 

公衆衛生上の対応

WHOは引き続き情報の共有をサポートしています。臨床および公衆衛生事件への対応は、包括的な症例発見、コンタクトトレーシング、検査室調査、臨床管理および感染の隔離と実施、予防および管理措置を調整するために加盟国によって活性化されています。(後略)

 

WHOのリスク評価

現在、世界レベルでの公衆衛生リスクは、サル痘の症例とクラスターがWHOの地理的に大きく異なる多くの国で同時に報告されたのが初めてであること、今回の流行で死亡率が低く保たれていることとのバランスを考慮して、中程度と評価されています。

新たに感染したと見られる国々では、主に、自らをmen who have sex with menと称し、拡大した性的ネットワークに参加している男性の間で患者が確認されていますが、それだけにとどまりません。人から人への感染は現在も続いており、主にある人口層や社会集団で発生しています。実際の症例数はまだ過小評価されている可能性があります。これは、以前は西アフリカや中央アフリカで多く発生していると考えられていた感染症が早期に臨床的に認識されなかったこと、ほとんどの症例が重篤な臨床症状ではないこと、限られたサーベイランス、そして広く利用できる診断法がないことが一因と思われます。これらのギャップを解決するための努力が行われている一方で、外来感染を防ぐために、すべての人口集団において猿痘への警戒を続けることが重要である。(後略)

 

以下、「WHOのアドバイス」などの項目などもありますが省略します。

引用元:

マイコメント

確かにサル痘は2000人を超える程度に増えてきていますが、地球人口75億人と比較すれば
取るに足らない数字です。

いたずらに恐れないようにしていただきたいと思います。

日本でもサル痘を見据えて様々な準備を着々と進めているようですが、サル痘の感染力は
コロナと比べればたいしたことがないように思います。

怖れと不安が現実を引き寄せますので、静観して見ていることが肝要です。

サル痘を知るにはこの本がいいでしょう。
サル痘の症状がわかればワクチン接種後の帯状疱疹との類似性にきづくでしょう。

サル痘パンデミック サバイブ マニュアル: 人命を脅かす死の感染症
サル痘パンデミック サバイブ マニュアル: 人命を脅かす死の感染症

コメント

タイトルとURLをコピーしました