DeepRoute.ai の無人SUV が、中国深センの激しい交通状況をうまく切り抜ける様子

スポンサーリンク
オートパイロット IT

DeepRoute.ai の無人SUV が、中国深センの激しい交通状況をうまく切り抜ける様子

自動操縦もここまでくるともはや実用レベルです。テスラより優れているかもしれない。

 


Watch DeepRoute.ai’s Driverless SUV Successfully Navigate Through The Traffic Chaos Of Shenzhen In China
https://www.carscoops.com/2022/08/watch-deeproute-ais-driverless-suv-successfully-navigate-through-the-traffic-chaos-of-shenzhen-in-china/
自律走行技術を搭載したクルマが、公道でテストする映像は数多く見られますが、DeepRoute.aiの最新映像は非常に印象的で、量産可能なレベル4対応のDriver 2.0システムの高度な性能を浮き彫りにしています。このドライバーレスのプロトタイプは、中国の深セン市で激しい交通状況の下でテストされ、現実の厳しい状況に、どれだけ対応できるかが示されました。

映像は、深センの中心商業地区の道路を14マイル走行し、1時間で完了させたものです。なお、深センは中国第4の都市で、人口1,750万人、道路も混雑しています。

車線変更、歩行者の危険なまでの接近、自転車の逆走、赤信号の通過など、トリッキーな状況に自律走行技術が対応する様子は、実に興味深いものです。一般的なドライバーにとっては、かなりイライラする体験ですが、自律走行システムは忍耐力があり、他の道路利用者の違法で危険な行動を、常に許容しています。それでも、このドライバーレスカーに同乗することは、コンピュータを信頼するようになるまで、間違いなく神経をすり減らすことになるでしょう。

他のシステムとは異なり、DeepRoute.aiのハードウェアとソフトウェアは、人命を守り衝突を避けるための予防措置としても、時間通りに減速し、調和して機能しているように見えます。このように、自律走行技術は、信号や交通標識、片側一車線の交通に反応するだけでなく、視界の外から車両/歩行者が来た場合でも、車線を変更し、周囲とダイナミックに対話することができる。

プロトタイプの車両は、MG Marvel Rに特別に用意されたハードウェアで、5つのソリッドステートLiDAR、8つのカメラとその他のセンサー、そしてコンピューティングプラットフォームが含まれています。このデモでは、最大660フィート(200m)の距離から歩行者、自動車、自転車のルートを予測することに成功しており、かなりうまく機能しているように見えます。

DeepRoute.aiは、Driver 2.0を量産車やロボットタクシーに搭載する自動車メーカー向けに、3,000ドルで提供する予定です。同社は、これを生産可能なソリューションと説明しており、このシステムを搭載した最初のモデルは、2025年以降に提供される見込みです。

ここの交通は、相当トリッキーなので、AI泣かせに見えるが適応できてます。
画面中央の映像が、AIが認識している状況を示しているように見える。

03:37から、「掃除の人」の動きを予測→ブレーキ掛けて停止してます。

https://www.deeproute.ai/en/news/316.html
深セン経済特区の「インテリジェントコネクテッドカー規定」が、2022年8月1日に施行されます。これは中国初の規制です。この施行により、ドライバーレス車両が公道で正式に合法化されることになりました。

Amazon.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました