破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:ウイルスの真実を知ってください」

スポンサーリンク
希望 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:ウイルスの真実を知ってください」

今日の破・常識!

ウイルスの真実を知ってください。

怖くなくなれば、ウイルスの話もそれにまつわる世界の状況も

冷静に見ることが出来ますので

そこに不安や恐れの波動は乗りません。

そして、興味を持つこともなくなります。byアシュタール

 

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

 

vol. 1170 ウイルスの真実を知ってください

「ウイルスの真実を知ってください」by アシュタール


「こんにちは こうしてお話出来ることに感謝します。

ウイルスの真実を知ってください。

そうすれば怖くなくなります。

そして、このところの問題はウイルスそのものではなく

社会的に意図的に起こされている自作自演だということも

理解していただければと思います。

この問題も自作自演であることが分かれば

怖くなくなると思います。

怖くなくなれば、ウイルスの話もそれにまつわる世界の状況も

冷静に見ることが出来ますので

そこに不安や恐れの波動は乗りません。

そして、興味を持つこともなくなります。

フォーカスしなくなりますので体験することもなくなります。

ウイルスにフォーカスさせ、恐れや不安を持たせること自体が

自作自演なのです。

分かりますか?


何度もお伝えしますが、

彼らは波動エネルギーのことをよく知っています。

ですから、たくさんの策を講じてあなた達を

ウイルスにフォーカスさせ混乱を起こしているのです。

あなた達がウイルスに対して恐怖や不安を持たなければ、

混乱することはないのです。

そうなれば彼らがしていることは何も効力がなくなるのです。

どんなに怖いぞと脅してもあなた達が怖がらなければ

何も出来ないのです。

それが波動領域を変えるということです。

彼らと違う波動領域になることで彼らから影響をうけなくなるのです。

対立ではありません。

そっと離れるということなのです。

ウイルス怖いから気を付けてください・・と

ウイルスを怖がっている人に言われたとしても

その人の怖いというエネルギーと共振しなくてすむのです。

ではそういう時はどう答えればいいのですか?

私は怖くありませんと答えたらかどが立ちます・・と思うならば、

ただ、ありがとうございますと答えればいいと思います。

怖がっている方に、わざわざ私は怖くありませんと

対立的なエネルギーを出す必要はありません。

ありがとうございます・・

と調和のエネルギーでお答えすればいいのです。

そしたら、その方はもうあなたに恐怖のエネルギーで

ウイルスの話をすることはなくなります。

いま起きていること(起こされていること)を

冷静に観察してみてください。

そうすればいろいろ見えてきます。

小さな子犬を猛獣のように宣伝しているのです。

子犬の影を大きく見せて猛獣が来たと

大きな声で騒いでいるのです。

みんなはその声だけを聞き、驚き慌てているのです。

声だけを信じ、その声が届かない人にも

それを伝えてしまっているのです。

その影は幻です。

そして、その影さえしっかりと見ることなく

猛獣だと思ってしまっているのです。

影もそうですが、しっかりと本体である子犬を見ればわかります。

怖がる必要はないということが分かります。


数字も幻です・・いくらでも操作することが出来るのです。

どの数字を見るかで、その数字の意味が分かってきます。

しっかりと目を向けてみてください。

怖いぞ、怖いぞ、猛獣だぞという声だけに

耳を傾け怖がらないでください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール!   

マイコメント

なかなかそうは言っても信じられないことと思います。

テレビで医者や専門家が何度も繰り返して言っているし、実際に政府は

コロナ騒ぎで被害を受けた人のために補償や給付金を支給しようとして

いるので、どうひいき目に観たとしてもマッチポンプととは思えない。

というのが、私たちの正常な反応です。

しかし、コロナウイルスの死亡率という観点から見るとどうなのでしょうか?

日本人はどれだけコロナに強いのか、自称WHOの渋谷医師の言葉を借りて証明しよう

とか

新型コロナ死亡率は推定0.66%、インフルの0.1%より高い傾向

という記事にあるように、実際の死亡率はインフルエンザより低いのです。

むしろ、恐れなければならないのは経済困窮による自殺率の方なのです。

今、政府は国民に行動自粛どころか会社を止め、お店を止め、レジャーを止め

交通機関を制限してます。これがどのような結果になるかおわかりでしょう。

当初政府はインバウンドによる経済沈下を恐れて感染した中国人をそのまま

入国させていました。それがオリンピック延期となった途端に緊急事態宣言を

発令し、国民の行動を抑制し始めたのです。

経済沈下を恐れる政策がどこかへ行ってしまい、経済沈下をさらに拡大して

国民の生活をめちゃめちゃにしようとしています。

これは昨日の記事にある戦争の前に必ず経済困窮ありと同じパターンです。

 

コロナウイルスはとても恐ろしい病気で感染すると死ぬと脅して・・・。

マスコミがさらにそれを助長し国民にその恐怖を煽っています。

それが今の日本です。ホントにバカじゃないかと思います。

国民は政府の要請に従って自分の首を絞めることを自ら行っているのです。

なぜ、誰も調べもせずにマスコミや政府のいうことを信じるのでしょう。

そのこと自体がもはや間違っています。

自ら調べようとせずに大本営の報道をそのまま信じるのは戦中のやり方と

同じ状況を自ら作っているのです。

嘆かわしいと思います。

もっと、自分で調べてみる必要があるでしょうし、そもそもおかしいと

疑問を持たないことが異常なことです。

昨年の12月に増え始めたインフルエンザが2月、3月になったらほとんど

コロナ報道に代わってしまったことをどう説明するのでしょうか?

そのこと自体あり得ないし、おかしいと思うのが普通です。

マスコミの報道や政府の厚生労働省が言うことをそのまま鵜呑みにして

全く疑問を感じないところがおかしいのです。

昭和の頃はまだおかしいと疑問を呈する人が多くいました。

それが平成に入ると教育の成果なのか少なくなったように思います。

すべて陰謀として片づけてしまう短絡的な思考から抜け出せていません。

おかしいと思う前に自ら蓋をしてそれ以上考えないようにしているだけです。

これが思考停止です。そのように教育されてしまったということです。

どうか今いちど自分で調べてみることをお勧めします。

そうすれば真実が見え、恐れる必要のないことがおわかりになると思います。

コメント

  1. ねこ より:

    テレビだけを見てる人は、そうなりますね。

    ですが、ネットのできる環境の人はだいぶ違ってきてますね。

    ここ最近の政権と官僚達、マスコミのやり方に氣づいて、いい意味で
    猛抗議を続けてますし、それが日に日に増えていってるようです。

    今日も、臨時交付金で休業補償は認めないとほざいた北村誠吾とかいう
    アホがいましたが、こんなのが地方創生担当相だったんですね。

    またまた大炎上と大批判、猛抗議の原因を自分で作りましたね。

    明日以降が楽しみですよ。

    全く何のための交付金がわからんですね。

    吉村知事、北海道知事や地方からも、なーんか言われそうですね。

    麻生のアホといい、経済同友会といい、この北村とかいうバカといい、
    本当にどうしょうもない大バカが多すぎますね。

    自分が何言ってんのか分かっているんですかね ?

    緊張感のないバカ面でしたよ。

    あと、テレビのドラマやアニメなどは新作の制作、撮影が次々中止と
    なってますね。

    • hide229406 より:

      ねこ 様

      最近、政府のやり方がだんだん巧妙さを増してきたように感じます。
      パチンコがいけないという話はさておいて、今日のニュースでも
      学校を休みにして子供が耐えているのに、大人が我慢できないことが
      おかしいと一般人のコメントを流していましたが、これこそ情報
      操作のひとつでしょう。

      このようにして、全体の決定に従わないのは悪という世論を形成し
      人々を全体主義へと駆り立てていくものです。

      早くこのことに気づかなければ、大変なことになりますよ!
      と言いたいところです。

      北村誠吾や麻生氏の発言がピタッと止んだのも方針転換をした
      からなのでしょう。世論をして自らに語らせ、誘導するという
      やり方ですね。

      確かに、テレビは徐々に再放送番組になってきましたね。
      5月以降は放送時間短縮、深夜はお休みということになるの
      だろうと思いますが、かえってその方が良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました