破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:雰囲気を感じることと空気を読むことは違う」

スポンサーリンク
マスクをする人たち アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:雰囲気を感じることと空気を読むことは違う」

今日の破・常識!

雰囲気を感じることと、空気を読むことは違いますので

混同しないでくださいね。

空気を読みなさい・・というのは、同調圧力です。

あなたが何を考え、何を感じているかなど関係なく

それに合わせない・・ということですので

空気を読む必要はないとお伝えしたいと思います。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1286 雰囲気を感じることと空気をよむことは違う

「雰囲気を感じることと空気を読むことは違う」                      by アシュタール


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

エネルギーには形があります。

・・形がある、というよりも、思考のエネルギーが形を創るのですが。

思考のエネルギーによってエネルギーはいろいろな形になります。

あなたは、その形に影響されて

あなたの思考もまた変わってくるのです。

難しいですか?


エネルギーは影響しあっています。

誰かが出したエネルギーの影響を受けて

あなたのエネルギーの形も変わったりするのです。

エネルギーというと難しく思うと思いますが

雰囲気という言葉ならばどうでしょうか?

何人かの人が集まっているところに入った時に

あなたはその人たち、その場の雰囲気を感じて何かを思うと思います。

何も言葉で話をしていなくても、重い雰囲気や

楽しくて軽い雰囲気などわかります。

それはエネルギーの形を感じているからなのです。


たとえば、意見の相違などでお互いイライラしていたりすると

そこにいる人たちのエネルギーはトゲトゲしたものとなります。

トゲトゲしていますので、みんな痛く感じます。

だから、重いエネルギーになり雰囲気も重く(悪く?)なるのです。

そして、そんなことも何も知らずにそこに入ったあなたも

一瞬で痛さを感じうわっと思うので

なんだこの場の重くてイヤな感じの雰囲気は・・と思うのです。

そして、そのイヤな雰囲気を我慢してそこにいると

あなたのエネルギーもその場の影響を受けてトゲトゲになっていき

あなた自身も具体的な理由もないのに、

重苦しい気持ちになってしまうのです。

人に感じる雰囲気も同じですね。

その人がどんなエネルギーの形をしているかで印象は変わってきます。

楽しいとき、うれしいとき、ご機嫌さんのときは、

エネルギーはふわっと丸くなります。

そのエネルギーに触れた人は、そのエネルギーの影響を受け

同じようにふわっと丸くなるのです。

だから、楽しそうに笑っている人のそばに行くと

何故だかわからないけど

自分も楽しくなるということが起きるのです。

でも良い悪いではありませんが、丸いエネルギーよりも

トゲトゲしたエネルギーの方が影響力が強いのです。

丸いエネルギーの人でも、トゲトゲのエネルギーに近づき

そのトゲトゲのエネルギーに刺されると

丸かったエネルギーもトゲトゲに変わってしまいます。

トゲトゲのエネルギーは痛く感じますので

自分を守ろうとして自分もトゲトゲに変身してしまいます。

ですので、ご機嫌さんでいたければ、ちょっと重いなぁ~とか

違和感を感じるなぁ~と思う雰囲気の場所や人には

あまり近づかない方がいいと思います。

もし、どうしても近づかなかければいけないときは

トゲトゲのエネルギーの中に入ります・・

と意識して積極的に入ってください。

意識して入るのと、無防備に入るのとでは影響力が変わってきます。

分かってそこにいれば、トゲトゲのエネルギーの影響を

少なくすることは出来ます。

そして、用事がすめばすぐにそこから出てくださいね。


反対に自分がトゲトゲのエネルギーになってると感じたときは

(それを感じることが出来た時点で、ほとんどもう大丈夫なのですが)

意識して楽しいことを探してください。

楽しい雰囲気の場所に行ってください。

そして、この場所と同じ丸いエネルギーになります

・・と宣言してください。

そうすれば、そこのエネルギーと共振して

丸いエネルギーになることが出来ます。

楽しくなる、ご機嫌さんに戻ることが出来ます。


エネルギーの形に良い悪いはありませんが

好き嫌い、合う合わないはあります。

あなたの好きなところ、気持ちよく感じるところ

安心できるなぁ~と感じるところにいてください。

そこがあなたの場所なのです。

(トゲトゲのエネルギーが好きだと

気持ちが良いと思う人もいるのです。

それは、その人の好き嫌いですので

その人が好きだと思えばそれでいいのです)

雰囲気・・それを感じることを大切にしてください。

感じた感覚を信じてください。

雰囲気・・それは波動エネルギーなのです。

雰囲気を感じられるあなたは、

波動エネルギーをしっかりと感じているということですので

あなたの感覚に自信を持ってください。


ただ、ちょっと余談ですが・・

雰囲気を感じることと、空気を読むことは違いますので

混同しないでくださいね。

空気を読みなさい・・というのは、同調圧力です。

あなたが何を考え、何を感じているかなど関係なく

それに合わせない・・ということですので

空気を読む必要はないとお伝えしたいと思います。

どんなに空気を読みなさい・・と圧力をかけられても

同調する必要はありません。

あなたが感じている感覚、感情、言いたいこと

したいことを優先してください。

空気を読む、読まなければいけないというのは、

我慢しなければいけないことなので、おすすめいたしません。

我慢をすると、もっと我慢しなければいけない

タイムラインになってしまいます。

雰囲気を感じる・・

それは、あなたの感性ですので、それを信じてくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう、アシュタール! 

マイコメント


会さやの会議などが終わった後で、「なんだあいつはあの場の空気も読めないのか!」という

批判的な言葉を耳にすることはよくあります。

特に会社のトップが同席して会議が行われる席でトップの意見に反対する主張をしたりすると

そう言われる羽目になることがあります。

そして、それがその本人に直接届くのならまだいいのですが、大概は飲み会などの席上で

酒のさなかにされてお終いというパターンがありますね。

それがいいかどうかは別として、会社内で同一行動が取れなかった人に対してよく言われる

パターンです。

それとは違って、社長が今度の会議で重要な話があるということで開催された会議の冒頭から

険悪な雰囲気に包まれているのが如実にわかることがあります。

これが雰囲気を感じるということですね。

どちらの同じような人の気配を感じることですが、中身は全く違うことはわかると思います。

しかし、社会的に見て同調圧力でもっとも顕著なのが今私たちのほとんどがしているマスク

でしょう。

猫も杓子もというくらいでペットまでマスクしてますからね(笑)。

先日、マスクをしている理由についてのアンケートが行われ、最も多くの回答があったのは

周りがしているから」というものでした。

これは日本人が同調圧力に弱いということを示しています。

そして、「他人との感染防止」はほとんど関係がなかったというのですから驚きです。

ということは、日本人の場合マスクの健康被害を訴えても聞く耳を持ってないということに

なるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました