破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:過去を思い出して自分を責めてしまうときは?」

スポンサーリンク
十人十色 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:過去を思い出して自分を責めてしまうときは?」

今日の破・常識!

過去に戻って、その時にしてしまったことを

相手に謝ればいいのです。

 
ごめんなさい・・それだけで大丈夫です。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。  

vol. 1472 過去を思い出して自分を責めてしまうときは?

「過去を思い出して自分を責めてしまうときは?」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

 
同じ方法を使うことが出来ます。

 
過去に戻って、その時にしてしまったことを


相手に謝ればいいのです。

 
ごめんなさい・・それだけで大丈夫です。

 
ごめんなさいと言いながら、エネルギーを送ります。

 
ハートのカタチをイメージしてもいいかもしれませんね。

 
(どんな形でもあなたが気持ちがいいと

 

思えるものならば大丈夫です)

 
ハートのカタチをしたエネルギーを


相手にやさしく送れば大丈夫です。

 
そして、同じハートのエネルギーを


あなた自身にも送ってください。

 
そうすれば、トゲトゲした(とあなたが感じている)


エネルギーを切ることが出来ます。

 
・・ということですが、まず一番にお伝えしたいのは、

 
あなたにとって恥ずかしいこと

 

後悔しなければいけないこと、

 
自己嫌悪にならなければいけないことはないということです。

 
あなたが誰かを傷つけることはないのです。

 
(あなたが意図的に意地悪しようとか、相手にいやなことを


言おうと思ったときは別の話になりますが)

 

たとえば、あなたが素直に感じたことを言ったとして


その人が怒ったときはあなたの言葉が原因で


その人が怒ったわけではないからです。

 
あなたの言葉に、何かその人が持つ

タネを刺激されただけのことです。

 
だから、その人の感情にあなたが責任を持つ必要はないのです。

 
それと同じで、あなたが恥ずかしいことをしたと思うことも

 
それはあなたが思い込んでいるだけのことです。

 
わかりますか?

 
あなた自身が、これは恥ずかしいことだと


思っているだけのことなのです。

 
あなたが握りしめている常識や倫理観、道徳観などを基準に

 
あなたがあなた自身をジャッジしているだけのことです。

 
何が恥ずかしいことか・・

それをあなたが自分で決めているだけなのです。

 
何が恥ずかしいことなのでしょうか?

 
好きな人に手紙を書いて渡したけど振られてしまった?

 
人前で感情的に怒ってしまった(泣いてしまった)?転んだ?

 
みんなが出来ること(していること)が出来なかった?

 
鼻毛が出てるのに気が付かなかった(笑)?

 
それらは恥ずかしいことじゃないですね。

 
好きな人に手紙を書くことは、恥ずかしいことではありませんね。

 
とてもステキなことです。

 
たとえ、あなたの気持ちがかなわなくても


人を好きになれて、それをしっかりと相手に伝えることが


出来たあなたは恥ずかしいどころかとてもステキです。

 
もし、そのことでからかわれたとしたら、からかった方が

 
エネルギーバンパイアだっただけのことです。

 
エネルギーが枯渇しているから、あなたをからかうことで


エネルギーを補給しようとしているだけのことで


あなたはまったく恥ずかしいことなどしていません。

 
人前で感情的になったら恥ずかしいですか?

 
私は怒っています、悲しいです・・と表現することは

 
恥ずかしいことではありません。

 
感情をあらわにしてはいけない、特に怒りや悲しみなどは


人前で表現してはいけない・・と教えられているから

 
恥ずかしいことだと思ってしまうだけのことです。

 
そして、爆発的に感情を出してしまうということは、

 
それまで感情をおさえていたために起きた現象だということです。

 
感じたときに素直に表現できていれば、


そんなに爆発することはありません。

 
もし、爆発してしまったら、私はこんなに感情のエネルギーを

 
溜めていたんですね・・と思えばいいだけのことです。

 
私は怒っています、悲しいです・・と表現してください。

 
それはとても大切なことです。

 
人前で転んだ?・・みんな転びます(笑)

 
転んだことのない人はいないですね。

 
みんなが出来ることが出来なかった?・・

 
それは、恥ずかしいことではありません。

 
あなたが能力がないのではなく


あなたには興味がないことだったからです。


鼻毛・・みんなありますね(笑)

 
鼻毛は恥ずかしいものではありませんね。

 
ないと困るからあるのです。

 
体毛はあなたにとって必要なのです。

 
人から見えると恥ずかしいと思うのは、

おかしな発想だと思います。

 
恥ずかしいと思うことは人によってそれぞれだと思います。

 
でも、恥ずかしいと思ったとき、何が恥ずかしいのかを

 
ちょっと考えてみてください。

 
刷り込まれてしまった常識、倫理観、道徳観が原因ならば、

 
それを手放してください。


自己嫌悪に落ちいるのは、そのような常識や倫理観


道徳観などから自分をジャッジしているからです。

 
人と違うことをしてしまったというところからの発想です。

 
人と同じことをしなければいけない

という考えは手放してください。

 
そして、自分以外の人の感情に責任を持つ必要はありません。

 
あなた達は、何かがあると、あなたに原因があり、

 
あなたが責任をとらなければいけないと

 
思うようにミスリードされてしまっているのです。

 
あなたが責任を持つのは、あなた自身のことだけでいいのです。

 
他の人のことまで責任を持つ必要はありません。

 
というよりも、責任を持つことなどできないのです。

 
最初にお伝えした方法は、どちらかというとあなた自身のために

 
行う方法だと思っていただければと思います。

 
あなたが持ってしまった自己嫌悪感と

罪悪感を昇華する方法となります。

 
たっぷりとあなた自身にハートのエネルギーを

送ってあげてくださいね。(ハートでなくても大丈夫です。

 
あなたが気持ちと思える形、色でやってください)

 

あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

アシュタールのメッセージを聞くようになってからは自己嫌悪に陥ることはかなり

減りました。

それは他人は他人、自分は自分でありそれぞれが自由な存在だと理解できるように

なったからです。

そして自分がしたことを客観的に見ることが出来れば自己嫌悪に陥る必要がない

ということもわかるようになります。

アシュタールが何度も言うように相手が自分の発言で怒りを感じたときに、自分自身

には相手を傷つける意図がなかったとすれば、それはたまたま相手がその言葉に対する

アレルギー反応を持っていたということです。

ましたや相手がその言葉に対してアレルギー反応を持っていることなんか知らなかった

そすれば、自分に問題があるのではなく相手の心に問題があることになります。

しかし、それが100人中90人までが同じ反応を示す言葉をあなたが言ったとすれば

それはあなた自身の理解が足りなかったということです。

人はそれぞれ生まれ育った環境が違い育ち方や親の教育の仕方にも違いがあるので

様々な性癖を持ちます。それが自分と同じ反応を示すものなのかはわかりません。

人は何度も付き合いを重ねながらその許容範囲を探り合い互いに許せる範囲内の

言動をすると思います。

それが会ってまもない相手なら互いの理解が足りなかったのであり、そこを話し合

えば相互理解が深まり怒りも収まるでしょう。

また、ひとそれぞれ同じことを言っても許容範囲が異なります。

ある人は一向に気にかけないのにある人はとても癪に障ることだと怒ることだって

あり得ます。

だから、そういうトラブルを防ぐには互いの相互理解を深めることです。

そうすればここまでは許せる範囲の言動だとわかるはずです。

もし、それが足りない場合は自分自身にも何かが足りなかったと詫びれば済む

ことだろうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました