破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:モテるテクニックが欲しい?」

スポンサーリンク
自己犠牲の心から平和な心へ アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:モテるテクニックが欲しい?」

今日の破・常識!

長く付き合えるステキなパートナーが欲しいと思うのであれば、

 
先ず、あなた自身を好きになり、自分自身を大切にして


自分自身に感謝してください。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1478 モテるテクニックが欲しい?

「モテるテクニックが欲しい?」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
どこからお話ししましょうか?

 
先ず、あなた達の恋愛という概念は、


愛とは離れてしまっています。

 
相手を愛しています・・と思っていると思いますが


あなた達の社会で言われている愛は、

高次元での愛の概念と違います。

 
どう表現すればいいのでしょうか、難しいですね。

 
あなた達の恋愛というものは、相手主体です。

 
相手に好きだと思ってもらいたいという気持ちが主なのです。

 
ですから、そこにエネルギーを多く使います。

 
どうやったら振り向いてくれるか、どうやったら自分だけを


見てくれるようになるか・・という視点ですね。

 
そこには、ある意味ゲーム的な要素が含まれます。

 
よく、恋愛のテクニックを教えてくださいと言われますが


この言葉自体がもうゲーム的な考え方なのです。

 
テクニックで相手をふり向かせる、モテるテクニックが欲しい


などというものですね。

 
それは、所有の概念でもあります。

 
振り向かせることが出来れば、

 

 

自分のものとなる・・ということです。

 
付き合っている人(結婚した人)は、

 

自分のものという考え方です。

 
だから、浮気は許さない・・ということになるのです。

 

高次元の愛は自分が主体です。

 
相手が自分をふり向いてくれるということは


そんなに大事なことではありません。

 
もちろん、どちらも同じくらいに好きだということは


とてもうれしいことですが、それよりも


その人のことを好き、愛することが出来たことが

 
自分にとってはステキなことであり、よろこびなのです。

 
(これは余談になりますが、私、アシュタールは


あなた達が考えているような恋愛はしません。


もちろん物質的な身体は持っていませんので、

 
物質的な男女という区別がありませんので


男女間の恋愛はありません。

 
ときどき聞かれますので、先にお伝えしておきますね(笑)

 

ですから、好きな人と付き合いはじめたら


何だかその人との付き合いが


色あせた感じがする・・・というのは、


ゲームが終わったと思うからという理由もあります。

 
その人と付き合えるか?というドキドキした刺激がなくなると


つまらなく感じてしまうこともあります。

 
手に入れたら、興味がなくなったという状態ですね。

 
そして、もう一つは、あなた自身が、


あなたを好きでないということです。

 
自分を好きでない人は、他の人も好きになることが出来ません。

 
そして、自分を好きでない人は、


自分の一番を選ぶことが出来ないのです。

 
もし、とても好きな人がいたとしても、その人はこんな私なんて


相手してくれない、私のことを好きになるわけがない

と思い込んであきらめてしまうのです。

 
そして、(失礼なことに)このくらいの人なら


私と釣り合うと(勝手に)思う人と付き合おうとするのです。

 
2番目、3番目の人で妥協しようとするのです。

 
表面的にはそんなことは思っていないと思いますが


意識の深いところでそう思っているのです。

 
だから、本当に好きな人ではなく、自分と釣り合うくらいの


レベルの中で好きな人を選ぼうとするのです。

 
そうなると、どうなるでしょうか?

 

分かりますね。だんだん、イヤになってきます。

 
こんな(つまらない、大したことがない、価値がない)


私を好きになる人はやっぱり同じような


(つまらない、大したことない、価値がない)人だと思ってしまい


相手に対する尊敬や感謝の気持ちがなくなってしまうのです。

 
だから、色あせたような、つまらないような気持ちに


なってしまいますので、それが相手にも伝わり


二人の関係がうまく行かなくなってしまうのです。

 
長く付き合えるステキなパートナーが欲しいと思うのであれば、

 
先ず、あなた自身を好きになり、自分自身を大切にして


自分自身に感謝してください。

 
自分がとてもステキだと自信が出来れば、


恋愛のゲームにも興味がなくなります。

 
誰かをふり向かせたい、モテたいと思うのは、


自分に自信がないからです。

 
誰かに自分はステキだ、魅力的だ、


と認めてもらいたいから出て来る発想なのです。

 
自分に自信があれば、誰かの評価(賞賛)は気になりません。

 
そして、あなたの一番好きな人と


お付き合いすることが出来ます。

 
そうなれば、相手のことも尊敬し


その人の存在自体に感謝することが出来るので


とてもいい関係を築くことが出来ます。

 
だから、長くお付き合いすることが出来るのです。


尊敬し合え、お互いの存在に感謝しあえる関係を


築いていってくださいね。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

高次元の愛の概念は私たちの考える愛とは著しく違うようです。

まったく正反対と言っていいほどの違いを感じます。

私たちの愛というのは自分が相手を愛するけれどそれだけでは一方的な

愛になってしまい、必ず相手からも愛されているという必須条件がつきます。

ところが高次元での愛は自分が相手を愛することが出来た喜びだけで心が

満たされるということです。

私たちの概念で言えば片思いです。

そして私たちの愛には独占したいという欲求が必ずあります。

それが結婚制度という仕組みを作っている要因ではありますが

高次元の愛に独占するという概念はありません。

ただ自分が相手を愛することが出来たということで成り立つものです。

言ってみれば猫とか犬のような愛に近いものです。

多くの場合彼らは私たちに愛を持っていたとしてもその見返りに何かを

求めるということはないものです。

ただし、ペットにおいては主人にかまってもらいたいという欲求は

あるようです。

それでもすべてのペットがそうだというわけではありません。

少し話がそれましたが、そういう意味においては高次元においては

モテるテクニックなどというものは存在しないということです。

でも、モテたいと思うなら自分自身に自信を持つことです。

それが相手に放つオーラとなって相手を惹きつけるので自然とモテる

ようになります。






コメント

タイトルとURLをコピーしました