トランプの復活があるのか?3つのポイント

スポンサーリンク
半導体の世界 IT

2月28日(米国時間明日)トランプがCPACで演説

バイデンが大統領に選ばれてからすでに2か月が経過しましたが、その間バイデンはトランプが
行ってきた政策を次々と反故にし中国寄りの姿勢を鮮明にしてきました。これは日本の菅総理も
同じことでこのまま行けばやがて世界は中国に飲み込まれることになるでしょう。
動画の中でも深田氏がトランプが台湾派の米国議員にしてやられたことに気付いたようですが
それが今後どう出るのか注目したいところです。
今回の動画はその行く末を伝えてくれるもので世界情勢を誰が握っているかもわかります。

ぜひ、最後までご覧ください。

CPACのトランプ講演前に抑えるべき三つのこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました