破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:彼らの前から消えるのです」

スポンサーリンク
国を担う庶民 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:彼らの前から消えるのです」

今日の破・常識!

彼らとエネルギーを合わせ、共振するのではなく


彼らと違う波動領域に共振することを意図してください。

 
彼らの前から消えるのです。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。  

vol. 1489 彼らの前から消えるのです

「彼らの前から消えるのです」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
何度もお伝えしていますが、


戦争は自然発生的に起きるものではありません。

 
意図的に起こされるものです。

 
戦争は、お金もうけの手段です。

 
戦争が一番手っ取り早く儲かるからです。誰が?

 
いまの社会をお金で支配している人たちです。

 
彼らは、どちらにもお金を融資します。

 
どちらにもお金を融資しますので


ぜったいに損をすることは無いのです。

 
どちらからも利子をとることが出来ますので


戦況がどうなろうと彼らには興味はありません。

 
・・というより、もっと大きなところでは、


最初から決まっているのです。

 
戦ってるように見えますが、結果は決まっているのです。

 
そして、大きなピラミッドのトップにとってはお金儲けよりも

 
混乱させる方が目的なのです。

 
秩序を壊し、混乱を起こし、そこからまた自分達にとって


都合の良い社会を創るのが目的なのです。

 

人々は平和になると、波動が軽くなってきます。

 
特に、ムーの波動を受け継ぐ日本列島に住む人たちは、

 
すぐに波動が軽くなってきます。

 
ですから、なんとかして波動を重くしようとしているのです。

 
金融もそうです・・人々を明日の暮らしにも不安を感じるくらいに

 
経済的に困らせ、そして、イライラしている人たちを刺激して

 
ガス抜き的にどこかの国に敵意を持たせ、そして仮想敵国に対して

 
感情的になるように仕向けていくのです。

 
お金儲けと、人々を混乱に貶めるために戦争は意図して起こされます。

 
これをしっかりと理解してください。

 
これが理解出来れば、彼らの扇動には乗らなくなります。

 
どんなに感情を刺激されても、動かなくなります。

 
彼らが使う手は、あなた達の感情を刺激するという方法です。

 
小さな子供、女性などがひどい目にあってる、力のない人たちが

 
ひどい目にあってる・・といって、感情を刺激し


そんな人たちは攻撃してもかまわない


というくらいに持って行きます。

 
最後は感情に訴えるのです。

 
ですから、冷静でいてください。

 
彼らの言葉に素直に感情を揺らさないでください。

 

もう一度お伝えします。

 
戦争は、一部の人たちの利益のためにだけに起こされます。

 
そして、その人たちは戦争には行きません。


あなた達庶民を行かせ


自分たちは安全なところで見ているだけです。

 
あなた達は、そのような戦いに参加する必要はありません。

 
あなた達にとって、何一つ良いことはないのです。

 
戦争の裏に隠された真実をしっかりと知ってください。

 
そうすれば、誰も戦争に行きません。

 
庶民が戦争に参加しなければ、彼らは何も出来ないのです。

 
どんなに煽ろうとも、火をつけようとも、何も出来ないのです。

 
彼らにエネルギーを流さないでください。

 
いまのように、冷静に見ていてください。

 
敵対する必要はありません。

 
ただ、フ~ン、まだそんなことをしているのですね、と

 
冷静に見ているだけで良いのです。

 
冷静に見られていると、彼らもやりにくくなります。

 
火種をつけている姿を見られてしまうと何もできなくなるのです。

 
いまの状況がそうです。

 
ですから、彼らは何もできなくなって来ているのです。

 
そのまま、冷静にいてください。

 
冷静に状況を見ていることだけで


戦争を起こすことが出来なくなります。

 
平和を祈る必要はありません。

 
祈ることは、反対に彼らにエネルギーを


注いでしまうことになります。

 
彼らとエネルギーを合わせ、共振するのではなく


彼らと違う波動領域に共振することを意図してください。

 
彼らの前から消えるのです。

 
彼らにフォーカスせず、あなたが好きなこと


楽しいことをしていたら彼らからあなた達が見えなくなります。

 
それが住み分けです。

 
彼らは彼らの好きなところ(波動領域)で遊んでいるのです。

 
あなたはそこでイヤイヤ遊ぶ必要はありません。

 
あなたは別のところで遊ぶことが出来るのです。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

戦争は起こるように扇動しても最近はなかなか乗らなくなってきましたね。

日本を占領してしまいたい中国の尖閣諸島での活動がきわめて活発にはなってきましたが

それ攻撃というのは無理でしょう。

世界中の世論やアメリカの対中国政策がありますからそう簡単に手を出せないはずです。

ただ、国民の間に不安感を持たせる役割は果たせます。

いつ中国が日本を侵略してきてもおかしくないと言った心理を与えます。

それに対して日本の国防力の強化やいつでも対抗できる措置を取ることを国民も期待は

しますが今のところそこまでには至ってないようです。

むしろ注意しないといけないのは内部からの侵略です。

例えば中国人や外国人、あるいは日本人(表向きは)による土地買収が各地で進んでいて

特に最近は北海道が危ないようです。

彼らの戦略は戦わずして勝つというものなのでこうしたトロイの木馬的なやり方が取られ

世界中で行われています。アメリカも例外ではありません。

日本の国会議員もハニートラップにやられたのかかなりの人数が親中派です。

特に自民党にくっついているコバンザメ政党が国土省もトップにいるのが問題でここ

15年ほどは入れ替わっていません。

もしかしたら中国の傀儡政党なのかもしれませんね。

戦争は起こさずとも内部から侵食することは今や当たり前の時代になってきています。

やはりそうした勢力とも波動を合わせず心の中では反対姿勢で冷静に見ていることが

一番です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました