破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:心にかけてしまった鎖」

スポンサーリンク
自分の目を見つめる アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:心にかけてしまった鎖」

今日の破・常識!

自分のこころにかけてしまったくさりが取れていくと


とても楽になり、ご機嫌さんになることが出来ます。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。  

vol. 1491 心にかけてしまった鎖

「心にかけてしまった鎖」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
誰かに対して、無性にイライラするということがあると思います。

 
それは、その人の中に、自分がしてはいけないと思っていることを

 
見てしまうからです。

 
何か他の人にイライラするところを見たら


自分のくさりを見つけたと思ってください。

 
その人があなたに何かをしているわけではありません。

 
あなたが気にしていること、してはいけないと思っていることを

 
その人がしているだけなのです。

 

小さなころから、整理整頓しなさい、キレイにしなさいと教え込まれ

 
それが出来ない人はダメな人ですと言われてきた人は


キレイにしていない(自分の基準ですが)人をみると


無性にいら立つのです。

 
どうして、キレイに出来ないの?どうしてこんなんに散らかすの?

 
とイライラするのです。

 
あなたが、キレイにしなければならない


整理整頓はきちんとしなければいけないという


自らにかけてしまったくさりを解くことが出来れば

 
誰が、散らかしていようとも気にならなくなります。

 
イライラしなくなります。

 
そして、あなたも楽になるのです。

 
あなた達はたくさんの、~ネバならないのくさりを


こころに巻き付けています。

 
常識と呼ばれる考え方、価値観です。

 
道徳観、倫理観、宗教観などもそうです。

 
そのくさりを解くことが出来れば、


あなたはそんなにイライラすることがなくなります。

 
そして、人に干渉しようと思わなくなります。

 
人に干渉したくなるのは、自分の価値観、考え方を


押し付けようとしていることなのです。

 

整理整頓しなければいけません、それは常識です


・・というあなたの考えを、人に押し付け、


そしてそれに従わない人に対してイライラすることになるのです。

 
それは、自由への介入であり、人を従わせたいと思う


コントロールのエネルギーなのです。

 
自分の意見、考えを取り入れない人に対して腹立たしく思うのです。

 
自分のやり方、自分の意見とは違うのですね・・と思えれば、

 
その人がなにをしようが、何も気にならなくなります。

 
イライラしたりしなくなります。

 
イライラしなくなれば、ご機嫌さんでいることが出来ます。

 
あなたも楽になるのです。

 
誰かに対して、イライラすると思ったとき


ちょっと自分の中を見てみてください。

 
その人に自分の価値観を押し付けていませんか?

 
自分の思い通りにしてもらおうと思っていませんか?

 
自分のこころにかけてしまったくさりが取れていくと


とても楽になり、ご機嫌さんになることが出来ます。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

私の友人にも超片付けの悪い人がいます(笑)。

初めのころは部屋の様子を見てびっくりしてしまい、事あるごとに注意してましたが

今はもう何も言いません(笑)。

なにしろ、案内された6畳二間の座敷一面に衣類があちこち散らばっていて、所々小さな

山のように積まれていて、それはそれは今まで見たことのない光景でした。

それも個人の自由と言うより仕方がないことだろうと思うようになったからです。

少しくらいなら何にも云わないのですが、常識を超えた出来事にはやはり何か

言いたくなるものでしょう。

ところがひとによっては少しでも散らかっていると嫌な人はいて、事あるごとに

注意する人がいますが、そういう人はそういうのが絶対に許せないという考えが

あるからでしょう。

それがなければほとんど気にならないものです。

とはいえ、やはり他人のふるまいを見て気にするところは私にもあります。

たとえば、お金があるのにケチであまり使わない人を見ているともっと有効に使う

ことでいろいろと人生を楽しむ方がいいじゃないかとか、床が抜けそうだといつも

言っているので、我慢せずに修理した方がいいのではないかと余計なお世話かも

しれませんが気になるものです。

まあ、でもあまり気にしないでおきましょう(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました