世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん:一休さ~~ん^0^ 」

スポンサーリンク
見えないマスクが手に入る神社 アセンション

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん:一休さ~~ん^0^ 」

ミナミAアシュタールRadio62

二つの大きな流れに分かれてきています

vol.145「ロープを切る!」
vol.146 「二つの大きな流れに分かれてきています」

ミナミAアシュタールRadio62「二つの大きな流れに分かれてきています」

今は戦時中か!?

東京都の都知事さんの発言が炎上しているそうですね^^
先日の禁酒に続いて次から次へとジャブを繰り出して
くれますねぇ~~

「灯火管制なのか」「今は戦時中?」 小池知事の消灯要請が炎上

8時以降はみんな電気を消せ・・と!(驚)
電気つけてたら人が外に出てコロたんをまき散らすから
だそうです(苦笑)
コロたんは夜行性らしい、そして、飲食店が大好きらしい(笑)

まぁ、この都知事さん、オリンピックの話が出たとき、
日本の猛暑をどう乗り切るのかってみんなが聞いたら、
付近の家で冷房をガンガンかけて冷やして、その冷たい空気を
ドアを開け放って放出すれば良いとか(誰がその電気代
払うの?とか、冷房をガンガンかけたら反対に室外機から
熱風が放射されてかえって暑くなるんじゃないの?
というみんなの疑問はまるで無視)
あるいは、沿道にアサガオを置いたら気分が涼しくなるから
乗り切れるとか(みんな呆れて言葉を失った?)
みんなで打ち水をすればいいとか(打ち水したらその水が
蒸発したときにもっとブワ~って暑くなるという事は
考えず)いろんなユニークな事を考える方ですからね。

その時はそれを聞いた庶民は・・あ~、ハイハイ・・
って感じで軽く受け流していましたよね。
今回も、あ~、ハイハイって軽く受け流して知らん顔
して好きにガンガン電気つければいいんじゃないのかな?
誰もいう事聞かなきゃ、何も動かないんだからさ。

そして、大阪の府知事さんも都知事さんに負けず
(張り合って)ジャブを繰り出してますね。

大阪知事「個人の自由制限も」 コロナ感染拡大防止対応で発言
これって憲法に違反するんじゃないの?
人権っていうところで・・あ~、だから人権をなくすために
憲法を変えたいのね。
人々から人権を取り上げたいのは府知事さんだけじゃなくて
政治屋さんたちの願いやからね^^;
(上から早くしろってせっつかれてるからね)
必死やね!!

でね、面白い記事もあったんですよ。
庶民も黙っちゃいないねぇ~~(爆)
嘘か本当かはさておき・・
でも、嘘から出た実っていう言葉もあるし・・

今話題沸騰!「見えないマスク」を授けてくれる神社
置いてあるが提供はしていない。

もうね、こうなったらトンチの応酬ですね^^

どっちのトンチがきいてるか・・・

一休さ~~~~ん^0^

では、アシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「トンチでこのゲームを楽しんでください」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。
 
考えてください。
 
深刻にならず、楽しんで真剣に考えてください。
 
そうです、トンチです。
 
 
彼らが言葉遊びをし、すり替えをするならば
 
あなた達もその手を使えばいいのです。
 
 
遊んでください。
 
深刻になるとアイディアが出ません。
 
遊んで楽しんで考えているとたくさんの抜け道が
 
出てきます。
 
抜け道はたくさんあるのです。
 
 
提供された道だけが道だと思わないでください。
 
そこだけしか選択肢はないと思わないでください。
 
 
アイディアです。
 
ゲームを楽しむように遊んでください。
 
まっすぐな投球だけではありません。
 
変化球が来たらどう打ち返そうか考えてください。
 
変化球を楽しむのです。
 
 
必死で打ち返そうとする必要はありません。
 
見送るという手もあるのです。
 
真面目に何でもかんでも打ち返さなければいけないと
 
思う必要はありません。
 
これは知らん顔しておこうと思ってもいいのです。
 
 
あなた達が反応すれば彼らは喜びます。
 
反対意見でもうれしいのです。
 
反対意見でも何でも反応してくれるという事は自分たちに
 
興味があると思うからです。
 
興味があってフォーカスされるとエネルギーを得ることが
 
出来るのです。
 
元気になれるのです。
 
それがエネルギーバンパイアなのです。
 
 
だから、ここは知らん顔しておきましょうというのも
 
ひとつの手なのです。
 
無関心でいるという事ですね。
 
これはいろいろ知った上での無関心だという事です。
 
彼らのやりたいことを知った上で知らん顔をするのです。
 
初めから何も知らずに無関心でいるという事ではありません。
 
 
知らん顔をされると彼らは困ります。
 
何を言っても何の反応もかえって来なければ困るのです。
 
 
あなた達が自分たちの言葉で遊びはじめると(自分たちの
 
遊びのルールを作りはじめると)困るのです。
 
言葉遊びでかわされてしまうと困るのです。
 
 
あなた達のルールを無視しているわけではなく、
 
私たち庶民はそのルールに関してこういう解釈をしますと
 
言われてしまうと困るのです。
 
反対意見でもいいから直球が欲しいのです。
 
直球ならば受け取るのは簡単ですから。
 
でも、自分たちは変化球を投げながら、あなた達は変化球を
 
投げてはいけませんと言っているのと同じなのです。
 
自分たち支配者のルールだけを守りなさいと言っているのです。
 
それは支配者たちに都合の良いルールなのです。
 
 
だから、そのルールでもこの解釈が出来ますねと庶民の解釈で
 
ルールを変えてもいいのです。
 
彼らのルールを杓子定規にただただ守る必要はないのです。
 
解釈の違いですね・・と言って庶民の都合よく変えてもいいのです。
 
彼ら支配者が都合よくその時々でルールを変えるのですから、
 
あなた達庶民も同じことをしてもいいのです。
 
罪悪感など感じる必要はありません。
 
最初から公平なルールなどないのですから。
 
 
考えてください。
 
トンチです。
 
彼らが言葉遊びをするなら、あなた達も言葉遊びをしてください。
 
すり替えをしてくるなら、すり替えで答えて下さい。
 
解釈の問題だというなら、別の解釈をしてもいいという事です。
 
 
これは対立でしないでください。
 
ゲームのように楽しんでください。
 
そうすれば、彼らにエネルギーを流すことなく別の道が
 
開けてきます。
 
 
深刻さはいりません。
 
深刻さで考えるとアイディアが出なくなります。
 
 
こう言われたらこう返そう、そしたらどう返してくるかな?と
 
ゲームを楽しむように考えてみてください。
 
深刻な真面目さで考えるとゲームではなくなってしまいます。
 
 
将棋やオセロゲームを楽しむように楽しんでください。
 
楽しんでいると笑顔になります。
 
笑顔は調和のエネルギーですので、対立のエネルギーと共振
 
しませんので、そっと離れることが出来ます。
 
 
あなたに愛をこめてお伝えいたします。」
 
 
 
 


ありがとう、アシュタール! 感謝します。

マイコメント

日本政府の環境相小泉大臣と同じですね。

先日のインタビューに答えた内容が物議を呼んでいるようです。


4月23日放送の『NEWS23』(TBS系)で、温室効果ガスについてインタビューに応じた小泉進次郎環境大臣(40)。番組では、「30年度までに温室効果ガスを46%削減する」と高らかに目標を掲げた。しかし、小泉大臣の語った「46%の根拠」が物議を醸している。「くっきりとした姿が見えているわけではないけど、おぼろげながら浮かんできたんです。46という数字が。シルエットが浮かんできたんです」

ただ、数字がくっきりと浮かんできたから温室効果ガスを46%削減すればいいんです。

と答えたようですが、どんなに努力しても30%台が限界だったと答えている環境省の

答弁とは大きく乖離しているのでほとんど無理な数字でしょう。

目標だからいいのだろうと思うかもしれませんが、これは日本全体に大きな負担を

もたらすことになります。

ましてや温室効果ガスは詐欺だと言われているくらいですから数字自体意味を持たず

それよりフリーエネルギー開発を推進する方がいいでしょう。

もっともそんな言葉はあの環境相から出るとは思えませんが・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました