破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:あなたのパワースポット」

スポンサーリンク
マンションの一部屋 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:あなたのパワースポット」

今日の破・常識!

本来は自分のエネルギーに包まれているのが


一番気持ちが良いのです。

 
ですから、あなたが一番リラックスできるところが


あなたにとってのパワースポットなのです。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1557 あなたのパワースポット

「あなたのパワースポット」by アシュタール

 

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 
波動エネルギーに良い悪いはありません。

 
良いエネルギーも悪いエネルギーもないのです。

 
土地にはそれぞれのエネルギーがあります。

 
そのエネルギーに合うか合わないか・・それだけです。

 
あなたにとって合うエネルギーの土地が


気持ちの良いところなのです。

 
誰かがこの土地はエネルギーが軽くて


とても気持ちの良いところです

 
と言ったとしても、あなたにとって合うところか


どうかは分かりません。

 
あなたにとって合わないところならば、


あなたは気持ちよく感じないということです。

 

あなたが実際に行ってみて肌で感じて決めてください。

 
頭は使わないでください。

 
ここは駅が近いから、ここは商店街が近いから・・などの条件も

 
大切かもしれませんが、やはり一番は波動エネルギーが


あなたに合うかどうかです。

 
どんなに便利なところでも波動エネルギーが合わないと

 
大きなストレスになってしまいます。

 
そして波動エネルギーは変化します。

 
土地のエネルギーも変化しますし、あなたのエネルギーも変化します。

 
ですからその時は気持ちが良いと思っても


しばらくすると何かが違うと違和感を感じることも出てきます。

 
そういう時はそこから離れることをお勧めします。

 
ムリしてそこにいるとストレスが大きくなって来て


ご機嫌さんでいられなくなってしまいます。

 
そして話は少し逸れますが・・

 

パワースポットというところもありません。

 
すべての人にとって均等に気持ちが良いというところはないのです。

 
ひとり一人のエネルギーは違いますので


すべての人が気持ちよく感じるところはありません。

 
分かりますね。

 
ですから、パワースポットに行ったけど何も感じなかった


反対にあまり気持ちが良くなかった、私はおかしいのかな?


って思った方もいらっしゃるかもしれませんが心配はいりません。

 
そこがあなたに合わなかっただけのことです。

 
でも、ほとんどの人が気持ちが良いと言います、神社などは特に・・

 
と思うかもしれませんが、それはあなたがここは気持ちの良いところだと

 
思い込んでいるから自分で自分のまわりのエネルギーを


自分にとって気持ちが良いエネルギーに変えているからです。

 
思考はエネルギーです・・思考すればそのような現実になるのです。

 
気持ちの良いところだと本気で思えば


自分で気持ちの良いエネルギーを

 
自分のまわりに創り出すということです。

 
本来は自分のエネルギーに包まれているのが


一番気持ちが良いのです。

 
ですから、あなたが一番リラックスできるところが


あなたにとってのパワースポットなのです。

 
あなたの部屋が一番リラックスできるならば


そこがあなたのパワースポットだということです。

 
外に求めて遠くまで行く必要はないのです。

 
あなたの波動エネルギーと合うところ、合う人といると

 
気持ちよくご機嫌さんでいられます。

 
誰かに勧められたからではなくあなたの感覚を信じてください。

あなたに愛をこめてお伝えいたします」


 


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント


ほとんどの方がそう思うだろうと思いますが、自分の部屋を持っている人はそこが

いちばん自分がくつろげる場所なのです。

長く同じ場所にいることによって自分の快適な波動空間を自分で創り出していると

言っていいのかもしれません。

引っ越しして新居に移ったときでも、その新居の中でいちばんくつろげる場所に

いるものです。それも何となく自然にです。

以前住んでいた公団も3LDKの間取りでしたが、最初は日が当たる南側のリビングに

机を置きました。しかし、窓際は直射日光が強すぎるので少し奥まったところに

移動し落ち着きました。

もう二部屋あったのですが、そこは止めました。北側で日が当たらないところだった

ので快適に感じられなかったんだろうと思います。

そこにはピアノを置きました。

もう一か所は自然に物置になってしまい、普段は使わない部屋です。

今は実家で2階にいますが最初はじめじめとした感じで好きでありませんでしたが

自分でリフォームして壁をクリーム色にして明るい感じにしましたのでゆうたりと

落ち着けるようになりました。

環境はある程度自分で創る必要があります。

そのときに自分の感性が役立ちます。

自然に任せ思いつくままにデザインして手直しする作業を繰り返せばいいのです。

賃貸アパートでも壁に自分の気に入った色模様のカーテンを下げたりすることで

快適な環境を作ることが出来ます。

ただ、言えることは家族環境の中でも自分が落ち着ける場所を確保するというのは

とても大事なことだと思います。

それが自分の一番快適なパワースポットになりますから。


コメント

タイトルとURLをコピーしました