破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:無意識を意識に持ってくる」

スポンサーリンク
無意識 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:無意識を意識に持ってくる」

今日の破・常識!

無意識を意識に持ってくる

・・それは考えるということ・・・らしい(笑)

 

アシュタールのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1167 無意識を意識に持ってくる

「無意識を意識に持ってくる」by アシュタール


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたが”いま”体験していることは、

あなたの思考が映し出されたものなのです。

思考が先、現実はあと。

私がお伝えしたいことはこれしかありません。

毎日いろいろな角度からメッセージをお伝えしていますが

実はこのことしか言っていないのです(笑)


すべてはあなたの思考なのです。

あなたが考えていないことは、

絶対にあなたの現実には出てこないのです。

イヤだと思うことも???

そうです、あなたがイヤだと、体験したくないと思っていることも

あなたが思考しているからあなたの現実になるのです。

意味が分かりません・・どうしてイヤなことを考えるのですか?

そんな人はいませよね・・と思うかもしれませんが、そうなのです。

なぜかというと、イヤだと思っていること

不安だと思っていること、心配すること・・

それもあなたの思考だからです。

わかりますね。


こんなことが起きたらイヤだなと思うことは、

そちらにあなたの思考エネルギーを

流しているということですから、その現実を創造するのです。

そして、無意識に思考エネルギーを流していることもあります。

意識していないのに、勝手に思考してる・・ということですね。

それって何?どういうこと?・・と思われると思いますが

それが刷り込まれた思考なのです。

あなた達が常識だとか、倫理だとか、効率だとか

科学的だとか、道徳観だとかによって刷り込まれてしまったことで

無意識に考えてしまうことによって、

あなたの現実はそこに出来てしまうのです。


お金が無くなる・・という不安や心配も

お金がなくなると困るという思考が

刷り込まれてしまったから出てくるのです。

そして、いつもいつも無意識にお金に対する不安を感じる。

だから、お金が足りなくて困るという現実になるのです。


そんなことを言われても、どうしたらいいか分からないです

・・と思いますね、

答えはとてもシンプルなことです。

お金が無くなったら本当に困るの?・・と考えてみてください。

お金が無くなっても何も困りはしません。

お金はただの紙切れであり、小さな金属です。

お金は食べることも、着ることも、住むこともできません。

それらをするために交換するためのツールにしか過ぎないのです。

ならば、お金という紙切れや金属や数字がなくなっても

食べ物、着るもの、住む場所を

確保することが出来れば良いわけですね。

そう考えることが出来れば、

お金そのものがなくなることを怖がる必要はありません。

お金という紙切れや金属や数字がなくても

生きていける環境に行けば、創れば良いと思えるようになります。

お金の価値が変わって(金融が崩壊して)も

人々は困らずしっかりと生活を創り上げた国もあります。

それは発想を転換して、生活、生きることにフォーカスしたからです。


話がそれてしまいましたので戻しますが・・

お金だけでなく、他にもたくさん刷り込まれた思考で

無意識に現実を創造していることがあるのです。

無意識だからどうしようもないです・・

というエネルギーがかえってきますが・・

無意識を意識に持って来ればいいのです。

そうすれば、無意識に思考することがなくなります。

無意識を意識に持ってくる・・それは考えるということです。

これをしてはいけない・・と思ったときに

どうしてしてはいけないのかな?と考えることで

それが刷り込まれた思考かどうかがわかります。

どうしてしてはいけないの?・・と自分に問いかけたときに

だって常識だから、だってみんながいけないと言ってるから

だってあの人がそう言ってるから、だってそれが当たりまえだから

という答えがかえって来たら

それは刷り込まれた思考だと思ってください。

思考を変えれば現実も変わります。

イヤな現実を体験していて何とかしたいと思うならば、

あなたの思考を変えるしかないのです。

楽しい思考に変えれば、楽しい現実を体験することが出来ます。

ご機嫌さんでいたければ、ご機嫌さんな思考をしてください。

思考を変える・・と簡単に言いましたが

簡単なんですが、とても地道です(笑)

魔法のようにパパっと思考を変えることは出来ません。

そんなことをしたら、あなたが混乱して

わけが分からなくなってしまいます。

ですから、少しずつ、少しずつです。

でも、確実に現実は変わって行きます。

ご機嫌さんな現実を体験したければ、

どうしたら自分はご機嫌さんでいられるか?と考えてください。

いつもです。

いつも考えることが出来るようになれば、

無意識を意識に持ってくることが出来ます。

意識に持ってくることが出来れば、

自由に変えることが出来るのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

マイコメント

これは以前にも掲載されたメッセージかもしれませんが、

無意識に行動しないためにはやはり考えるという習慣を持つように

しないといけないと思います。

特に常識として通用していることや一般的だと言われていることが

そうです。必ず、無意識のうちにその行動を取っています。

さらには、歴史的事実などもそうです。

坂本龍馬は日本を切り開いた人だと言われていると思いますが

本当の坂本龍馬はテレビや小説の出て来るような人物ではなかった

可能性の方が大きいのです。

彼は外国に留学しましたが、それも陰で糸を操る人物がいたから

出来たことで、その後の彼の人生は彼らの意図通りに動かされて

いたと言っても良いでしょう。

それは当時の日本を彼らの仲間に引き入れ、その後日本を支配する

ためにやらなければならないことが多くあったからです。

彼らが直接それを出来ないので、坂本龍馬の様な人物を利用した

と言って良いでしょう。

他にも歴史的事実を掘り起こせばいろいろ出てくると思いますが

そうしたこともすべて疑問に思わない限りわからないものです。

明治天皇も直系の遺伝的系譜をたどっていません。

どこからか連れて来られて明治天皇に据えられた人物です。

それを知ってしまうと天皇制のうさん臭さがわかってしまい、現代の

崇拝に似た尊敬の対象としての天皇の在り方に疑問を感じるでしょう。

だから、常識をくつがえすのは自分自身の思考だということですね。

その時に無意識が意識として浮上してきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました