破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:ヒーラー・カウンセラーの仕事」

スポンサーリンク
カウンセリング アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:ヒーラー・カウンセラーの仕事」

今日の破・常識!

話を聞いてください。

とにかく、話を聞いてください。

そして、一緒に原因を探してください。

それが、ヒーラー、カウンセラーの一番の仕事です。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1349 ヒーラー、カウンセラーの仕事

「ヒーラー・カウンセラーの仕事」by アシュタール


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

ヒーラー、カウンセラーには、

特別な能力も特別な資格もいりません。

そして、人を導く、幸せにしてあげたい・・

などという考えは手放してください。

人を導いたり、幸せにすることは出来ません。

分かりますね。


ヒーラー、カウンセラーにとって一番大切なことは、

クライアントの力を信じるということです。

ヒーラーが治すのではなく、

ライアント自身が本来持っている力で治るのです。

カウンセラーがその人を導くのではなく

その人が自身の道を見つけるのです。

ヒーラー、カウンセラーは、そのお手伝いをするだけのことです。

ここを間違えないようにしてください。


これはヒーラー、カウンセラーというだけではなく

医者も教育者も同じです。

人それぞれ抱えている悩みは違います。

同じ症状や同じような悩みに思えても

それぞれ原因が違うのです。

だから、数字で判断するようなカウンセリングはナンセンスです。

数字や統計学では個々の悩みの原因はわかりません。

ですから、話を聞いてください。

とにかく、話を聞いてください。

そして、一緒に原因を探してください。

それが、ヒーラー、カウンセラーの一番の仕事です。


クライアントは、話をすることで

だんだん自分の中の整理がついてきます。

そのためには誰かに話をすることが大切なのです。

そのために、カウンセラーは必要なのです。

ならば、ひとりで話をしても同じではないですか?・・と思いますが

整理をするためには客観的な視点が必要になります。

ひとりで自問自答しても、そこには客観的な視点を持つことが

難しいですのでカウンセラーが必要なのです。

ですので、カウンセラーはただ客観的に見て

客観的な意見を提示してください。

そこには、優しさ、同情、共感などは必要ありません。

その感情を持ってしまうと

反対に客観視出来なくなりますのでやめてください。


どうして、何が原因でそこに痛みが出てしまったのか?

どうして、それを悩んでしまっているのか?

一緒に原因を探してください。

クライアントが本当の気持ちを話すことで

どこに原因があるのかがわかって来ます。

そのためには、クライアントへの信頼が大切です。

あなたの力を信じています・・というカウンセラーのエネルギーが

クライアントの気持ちをほぐし、カウンセラーを信頼することが

出来ると思い、本当の気持ちを話してくれるようになります。

本当の気持ちを話すことで、原因がわかって来るのです。

カウンセラーがクライアントのことを(言いかたは悪いですが)

自分より下の立場だとか、可哀そうな人だとか

などのエネルギーを持ってしまうと

それを感じたときにはクライアントはこころを閉ざします。

コントロールのエネルギーを感じるからです。


原因さえわかれば、解決するのは簡単です。

原因が分からないから、解決できないのです。

ヒーリング、カウンセリングは原因を探す作業です。

それも、クライアントと一緒にする共同作業です。

カウンセラーが一人でするものではありません。

カウンセラーは、客観的に話を聞き、原因を一緒に探し

そしてそれを解決するためにはこういう方法

考え方がありますよ・・と提示するのが仕事です。

クライアントの力を信じること、

客観的に話を聞くこと、

一緒に原因を探すこと、

解決するための方法や考え方を提示すること・・

これがカウンセラー、ヒーラーの仕事です。

そして、最終的に決めるのはクライアント本人であることを

忘れないでください。

カウンセラーが決めることではありません。

カウンセラーが決めた方向へ導くのではありません。

ですので、カウンセラー、ヒーラーには特別な資格も

特別な能力も必要はないということが

ご理解いただけたと思います。

お伝えしたことをご理解いただければ、

どなたでもヒーラー、カウンセラーになることが出来ます。

もう一度お伝えしますが、医者、教師、介護士、看護師

・・あらゆる仕事においても同じだということです。

(これは資格がなくても出来るという意味ではなく

気持ちの持ち方という意味です)


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

私はヒーリングやカウンセリングというのを受けたことはありませんが

アシュタールの語る内容を読んで思うことは人の話を聞くことが好きであるという

特性を持っている必要があるように思います。

確かに誰にでも出来るという側面はありますが、やはり好きこそものの上手なれ

という言葉にもあるようにヒーラーやカウンセラーとしての仕事が好きである

ということが必要であるように思います。

そして感情に流されず客観的な判断を述べることが出来ることです。

この二つが最低限必要でしょう。

しかし、この二つは繰り返しその仕事を続けることで鍛えられる側面も持って

いますので、前回のメッセージにもあったようにトライしてみることがまずは

必要なことでしょう。

それで、合うと思うなら続けてみるということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました