世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:他人事ではないと思えるかどうかです」

スポンサーリンク
ワクチン接種 アセンション

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:他人事ではないと思えるかどうかです」

マイナンバーカードは嫌うのにマスクはそうじゃないのはなぜ?

マイナンバーと金融機関口座の紐付け 義務化見送り
政府は27日、マイナンバーと金融機関口座の紐付けを
義務化することを見送ると発表しました。
同27日、マイナンバーカードの取得率はいまだに
2割程度にとどまるため、未取得者8000万人に
QRコード付きの申請書を送付すると総務省が発表しました。

あれだけ一生懸命マイナンバーカードを宣伝しても
2割しか取得していないんですね。
そりゃ口座に紐付けしようとしても出来ないわ^^;
みんながNG出してるんだものね。

でもねぇ~、私不思議なんです。
マイナンバーにはちゃんと意思表示してイヤなものは
拒否するのに、マスクはみんなしてるんだろう?って。
マスクもイヤな人はイヤだって言って拒否すれば
いいのにねぇ~~
だって、8割近くの人がイヤだって言いながら渋々
してるんでしょ?
なんでだろう??
8割の人がマスクを外せばすぐにこの騒動は
終わるのにって思うんだけどねぇ~~^^;

ということで、アシュタールからのメッセージを
お伝えしますね^^

「他人事ではないと思えるかどうかです」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話出来ることに感謝します。
 
リスクを考えることが出来るからです。
 
 
カードを作ると自分の情報が漏洩するかもしれない、
 
カードを作るメリットが感じられない、
 
デメリットの方が多い、
 
と考えることが出来るからです。
 
 
リスクとメリットを天秤にかければ、やめておこうと
 
個人個人で思うことが出来るからです。
 
 
近くのリスクは考えることが出来るのですが
 
遠くのリスク、長い目で見たときのリスクをイメージ
 
することが出来ず、目の前のリスク(感染するかも
 
しれない、感染させてしまうかもしれない)ばかりに
 
目が行ってしまうからなのです。
 
 
マスクをするリスク、デメリットがはっきりとわかれば
 
行動も変わってくると思います。
 
マスクを外そうと思えると思います。
 
長い目で見てください。
 
 
長い目というのは、このままの状態(危ないからと言われて
 
それを自分の目で確かめることなく信じてしまう状態)で
 
いるとその先はどうなっていくかということを考えられる目
 
なのです。
 
 
この先のタイムラインで考えられることはどういうこと
 
でしょうか?
 
 
ちょっとイメージしてみてください。
 
 
マスクから自粛になり新しい生活様式になりどんどん
 
行動が狭められて行き、イベントなどの文化や娯楽も
 
出来なくなっています。
 
 
 
そして次の段階では、マスクや自粛、文化的な生活を
 
取り戻したければワクチンを打ちましょうという話に
 
なってきます。
 
もうすでにそれは始まっていることはお分かり
 
いただけると思います。
 
 
そして、次に来るのがチップですね。
 
 
身体のことだけでなく、キャッシュレスなどの話から
 
財布や携帯など何も持たなくても買い物ができると
 
便利さを強調してチップを推奨してきます。
 
 
チップなどSFの話です、陰謀論でそんなことはおとぎ話です。
 
国や政府の人たちがそんなことを庶民にするはずが
 
ありませんと思っているかもしれませんが、もう実際に
 
ペットに対してのチップは義務化されています。
 
そして、今度は徘徊するお年寄り、誘拐の恐れがある
 
子どもたちの身を守るためにチップをという話も
 
出てきています。
 
国や政府はあなた達国民のことは何も考えていません。
 
彼らの主人(支配者)たちの命令を聞くだけなのです。
 
庶民の幸せなどまったく興味ないのです。
 
命令されれば自分たちの地位、立場を守るためには
 
どんなに強硬手段を用いてもしなければ
 
いけないのです。
 
 
彼らははじめはハードルの低いところからはじめます。
 
ペットならばいいよね、自分たちとは関係ないからね。
 
お年寄りは仕方ないよね、子どもの命を守るためなら
 
仕方ないよね・・と一般的な生活をしている自分とは
 
関係ないと思わせておくのです。
 
 
そうして少しずつハードルを上げていき、自分たちの
 
チップを入れることへの対抗感をなくしていくのです。
 
 
チップを入れたらどうなるでしょうか?
 
便利になる?・・って思いますか?
 
便利になります・・彼らが・・ということです。
 
 
少人数の彼らが大人数のあなた達庶民を管理するのに
 
とても便利になるということです。
 
簡単に大人数のあなた達を支配・コントロールすることが
 
出来るということです。
 
 
これは事実です。
 
SF映画の中の話ではないのです。
 
もうすぐそこまで来ているのです。
 
 
それをイメージすることが出来れば、拒否することが
 
出来るのです。
 
他人ごと的に考えてしまうと思考停止になってしまいます。
 
もう他人ごとではないと思えるかどうかということです。
 
 
今日のアシュタールはずいぶん怖がらせますね・・と
 
思うかもしれませんが、怖がらせているのではありません。
 
事実をお伝えしているのです。
 
 
チップ=陰謀論、SF映画の世界であり実際にはありえない話と
 
映画や本などでさんざん刷り込まれているので実際に
 
自分の身に起きるかもしれないと考えることが出来なく
 
なってしまっているのです。
 
 
チップという言葉を聞いた瞬間にそこでそれに伴う
 
リスクやデメリットを考えることが出来なくなって
 
しまっているのです。
 
チップという言葉に対して大きな拒否感を感じ
 
嫌悪感を感じ、その話題から離れたい、考えたくないと
 
思うのです。
 
 
リスクを考えてください。
 
デメリットをイメージしてください。
 
そうすれば自分の身に何が起きるのか、実際何が
 
起きているのかが分かります。
 
 
そうすれば、”いま”することが分かります。
 
”いま”どうすればいいかが分かります。
 
そして、行動することが出来ます。
 
 
カードのことでもお分かりいただけると思いますが、
 
あなた達庶民が動かなければ彼らは何も出来ないのです。
 
そこをしっかりと理解してください。
 
 
あなた達が従わなければ彼らは手も足も出ないのです。
 
もし、強硬手段で何かを決めたとしても、あなた達が
 
従わなければそれも絵にかいた餅、実行力も何も
 
無くなり何の効力もなくなるのです。
 
 
このくらい大丈夫、このくらいのことで事を荒立てる
 
のはめんどくさいと思っていると、この先はもっと強く
 
荒立てないといけない状況になります。
 
 
このくらい大丈夫、このくらい我慢しておこうと
 
思わないでください。
 
”いま”なのです。
 
”いま”のあなた達の行動一つで社会は大きく変わります。
 
そのままの方向(超管理社会)のタイムラインを選ぶか、
 
それはイヤだと思い行動するか、
 
で、あなたの現実は大きく変わります。
 
 
あなた達が舵を持っているのです。
 
彼らが持っているように思わされてしまっていますが
 
舵を持っているのはあなた達庶民なのです。
 
 
あなたはどういう社会を望み、どういう生活がしたいかを
 
しっかりと決めてください。
 
そして、イメージしてください。
 
イメージ出来れば現実化することが出来ます。
 
 
あなたに愛をこめてお伝えいたします。」
 
 

ありがとう、アシュタール! 感謝します。

マイコメント

このブログでも何度もワクチンの中に微細なチップを入れる計画がありますよ!

と伝えて来てはいますが、おそらく多くの人はそんなことするはずはないと思っている

ことでしょう。

なぜなら、ワクチンは人の身体を守るものなのに、それと正反対のことをするはずは

ないという思考がそこにあるからです。

その前提としてあるのは国は国民を守るのが筋であり義務だから、彼らはそれに

反することはするはずがないという強固な概念を持っているからです。

しかし、現実を見てもらえばわかるように、東北大震災やここ数年の台風被害の

後、彼らは本当に国民のために多くのことをしたでしょうか?

被災に遭った人たちの負担を和らげるために税負担を一時的にもなくしたでしょうか?

住宅を失った人のために十分な仮設住宅が建設されたでしょうか?

住宅や仕事を失った人にそれ相応の支援金が行き渡ったでしょうか?

あるにはあったと思います。しかし、それは不十分なものであり、支援金の多くは

政治関連団体に多く行き渡ってして本当に必要な人に回っていません。

それでも多くの被災者は自力で立ち上がっています。

だから彼らこそ政治の不備を思い至り国の在り方を問わなければならないのです。

しかし、そうした彼らの次は何とかしてくれるだろうと地元の政治家を応援します。

基本的には思考内容は変わっていません。

根底にあるのは国や政治家。自治体に対する期待です。

保険金は被災に遭った人に多く支払われます。

では、私たちは何のために税金を払っているのでしょう。

そうしたときのために払っているのではないでしょうか?

住宅も損壊の程度により支援金が支払われますが、その金額で新規に

住宅を建てられたでしょうか?そんあなことはないはずです。

倒壊した住宅のローンを抱えたままの人もいます。

そんな人に対しては住宅ローンの全額免債制度があってもいいはずなのに

そういう話はこの日本ではありません。

民間保険では出来てどうして国には出来ないのでしょうか?

アメリカのニューオリンズではハリケーンで住宅を失った人に対する支援金は

平均で640万円で最高1500万円という記録があります。

日本では最高でも300万円、最低は100万円です。

いかに少ないかわかるでしょう。

震災保険や火災保険に加入している人なら再建も容易ですがそうでない人や

老人には再建の糸口すらつかめないだろうと思います。

65歳を超えて住宅を失い仕事も得られないような人はどうすれば?

しかし、日本はある意味そうした人たちにはとても冷たい国です。

それは国民の考えも似たようなものです。

すべて自己責任という言葉で一掃されますからね。

根底には甘やかすべきでないという考えがありそうです。


話が長くなってしまいましたが、マイナンバーカードは嫌われるのにマスクは多くの

人がつけているという矛盾の中に存在するのは「たかがマスク」という考えです。

「されどマスクたかがマスク」なのです。

マスクさえつけていれば安全という思考がありますが、本当にそうなのでしょうか?

昔から風邪を引いたらマスクをしましょうという習慣がそうさせているのかもしれ

ませんが、考えてみてもわかるようにあれだけ隙間だらけのマスクのどこに効果が

あるのだろうか?

と考えても見ないのでしょうか?

周囲に感染者がいない限りマスクをしなくとも大丈夫なはずです。

どこにいるかわからないからという不安があるかもしれませんが、仮にそうだと

してもマスクをする必要はないものです。

98%の国民がマスクを大人しく従順にしている姿を見て支配者はとても喜んだ

ことでしょう。これなら何を言っても我々の指示に従ってくれると・・・。

そうしたこんな大チャンスは逃すべきではないと思ったことでしょう。

ここ数日のニュースで日本でコロナワクチンが接種されるのは早くても来年の6月に

なりそうだという記事がありましたが、それは幸いなことかもしれません。

それまでに他国がワクチンを打った結果どういう状況になったかを知ることが

出来るからです。

その結果を知ればだれも我先にとワクチンを打ちたいと思わなくなるでしょう。

それには「メディアが正しく状況を伝えれば」という但し書きがつきますが。

ミナミAアシュタールRadio1「個性で愛を奏でるのです…」











コメント

  1. マリー より:

    ワクチンの事は誰もそんなはずないと思ってる記事の内容を母や知人に話しても信じてくれないだろうなと思います。グーグルがYouTubeなど、消していってるそうです。来年はどうなるのでしょう。タイムラインを変えていけるのでしょうすごく心配です

    • hide229406 より:

      マリー 様

      GoogleやYoutubeでそのようなSNSや動画を消していっていると
      いうことはそれが真実で多くの人に知られたくないからです。

      大丈夫です。タイムラインは変えていけます。
      そのためには不安や恐怖心を持たず平然としていることです。
      そうすればワクチンやコロナの心配のない世界になります。
      と言っても、自分だけが騒ぎの中で巻き込まれていないという
      感じになるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました