破・常識 あつし歴史ブログ「アシュタール:人との距離感」

スポンサーリンク
積み重ね アセンション

破・常識 あつし歴史ブログ「アシュタール:人との距離感」

今日の破・常識!

これから、波動が軽くなっていくと


人との関係、かかわり方が変わってきます。

 
波動が軽い社会の付き合い方は

とてもあっさりとしています。byアシュタール

アシュタールからのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。  

vol.1459人との距離感

「人との距離感」by アシュタール

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

 
これから、波動が軽くなっていくと


人との関係、かかわり方が変わってきます。

 
波動が軽い社会の付き合い方は、とてもあっさりとしています。

 
いままでの感覚で考えると、すごくドライな


冷たいとも思うくらいの距離感になります。

 
いままでの社会での付き合いかたは、


どちらかというとべったりとくっついている

 
常に一緒にいることが仲が良いことだと思われていました。

 
でも、それは裏返して考えると、不安からの行動なのです。

 
孤立したくない、孤独になりたくない‥


という不安、怖れが大きく、常に誰かに

 
そばにいてほしいと思ってしまうのです。

 
一人でいると、どこにもつながっていない


不安定な感じを受けてしまうのです。

 
それは、ワンネスを忘れてしまっているからなのです。

 
個体としての身体だけが自分だと思ってしまっているので


分離感が強くなって、不安で仕方がなくなるのです。

 
ワンネスを理解できると


身体というもので見た目は分離されていても


根っこはつながっているということがわかりますので


一人でいることがさみしいと思いません。

 
何かしたいと思ったときに、それを提供してくれる


(提供しあえる)人たちとつながり


そして、それが終わるとまた離れるという感じになります。

 
プロジェクトチームを組む感じですね。

 
そのプロジェクトが終わると、また別々に行動し


また別のプロジェクトチームをつくり


またそれが終わると離れるのです。

 
根っこがしっかりとつながっていることがわかりますので

 
それをさみしいとは思いません。

 
相手が自分であると思えますので


とても自然な付き合いが出来ます。

 
ムリに合わせることもしませんし


相手の自由への介入をすることもありません。

 
風通しの良い付き合い方になるのです。

 
そのような感覚をハートで覚えている方は、


いままでの社会での人との付き合い方に


息苦しさを感じていたと思います。

 
それは、あなたがおかしいのではなく


付き合い方の感覚、人との距離感の持ち方が違うだけなのです。

 
たくさんそのような方がいらっしゃいますので


あなたの感覚に合う方たちとお付き合いしてくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

 


ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

2021年が明けたら急に人間関係に変化が生じ始めました。

今まで仲良かった人との決別が出てきて自分でも戸惑いを感じていますが

それはそれで仕方がないことだと思っています。

考え方やもののとらえ方に変化や違いが生じてくるとどうしてもその亀裂が

深くなることがありますが、それが今回は完全に決裂してしまいました。

まあ、半分は私がそうした部分もありますが、嫌な気持ちを持ったままで

いても気持ちが穏やかではありませんのでそうしました。

本当に改めて思うのは人の多様性です。

人それぞれ個性が豊かでそれを尊重しなければならないのですが、それが合う

合わないはまた別の問題だと思います。

確かにこれからの人間関係というのはあっさりしたものに変わっていくと思います。

そうなると結婚制度も変わっていくでしょう。

それは必ず一緒にならないおいけないというものではなくなるからです。

必要なときに一緒になりそれ以外は離れていてもいいという関係に変わって

行くような気がします。

戸籍なども夫婦別姓で個としても戸籍になっていくだろうと思います。

夫婦別姓には様々な議論があり戸籍制度の破壊につながるという意見も

ありますが、将来的にはあまり固執しない形になるのではないでしょうか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました