破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:ジャッジしないこと・・・」

スポンサーリンク
自由と束縛 アセンション

破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:ジャッジしないこと・・・」

今日の破・常識!

ジャッジしないこと・・それがあなたのまま

平和でいるためにはとても大切なカギ・・・らしい(笑)

アシュタールのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1147 ジャッジしないこと

「ジャッジしないこと・・・」by アシュタール


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

そのままのあなた・・

そのままのあなたとは、判断しないあなたです。

判断しない・・というより良い悪いでジャッジしないということですね。

あなたは常に自分のことをジャッジしています。

これはいい、これはダメ・・

いつもあなたの社会で教えられた基準に基づいて

自分をジャッジしています。

そうすると、あなたのままでいられなくなります。

あなたではなく、外側に情報に沿った

あなたを選ぶようになるからです。

あなた自身がこれをしたいと思っても

あなたの中の基準がそれはしてはいけないとジャッジすると

あなたはそれをあきらめます。そのようなことが続くと

あなたはあなた自身がわからなくなるのです。

何がしたくて、何がイヤなのかということさえわからなくなります。

ですから、あなたのままでいるためには

ジャッジしないということです。

じゃあ、どうすればいいのですか?

何を基準に行動すればいいのですが?・・

ということですが、とても簡単です。

やりたいか、やりたくないか・・それだけです。

とてもシンプルなのです。

子どものように考えてください。

常識も何もいりません。

子どもたちは感性だけ(やりたいか、やりたくないか)で考えます。

でも、そんなことをしたら社会は統制が取れなくなって

めちゃくちゃになってしまいます。

そうですね・・あなた達のいまのピラミッド社会は

めちゃくちゃになってしまうかもしれません。

でも、その先には違う社会が出来てきます。

いまのあなた達の社会の統制といわれるものは

支配者たちにとって都合の良い統制なのです。

支配者たちにとって都合の良いルールだと

言い換えてもいいと思います。

でも、そんなめちゃくちゃになってしまった

社会に生きることなど出来ません。

だって、そんなことをしたら

犯罪ばかりが起きてしまうことになりませんか?

そんなことはないのです。

統制、ルールを守らなければ犯罪ばかりの社会になってしまう

・・ということも、支配者たちに取って都合のいい社会を

守らせるために言われている詭弁なのです。

やりたいことばかりしていたら、犯罪者ばかりになってしまう?

そんなことはありません。

やりたいことだけ、気持ちが動くことだけしていたら

みんなご機嫌さんになります。

ご機嫌さんばかりの社会になると、誰も人の物を獲ったり

人を傷つけようなどとは思わなくなるのです。

反対に、やりたいことを我慢したり

ルールばかりに縛られているからこそ、

犯罪といわれる行為が増えるのです。

エネルギーバンパイアが増えるからです。

そして、そのエネルギーバンパイアになってしまって

人のエネルギーを奪う人たち(人の物を盗んだりすることも

エネルギーバンパイアなのです)が増えるから、

もっと規制を厳して、ルールを増やすということになるのです。

そしてまた、そのルールや規制によって縛られることで

ますますエネルギーバンパイアになって

犯罪と言われる行為が増える・・悪循環になるのです。


ですから、あなた達はそのままでいてください。

子どものように感性だけでいてください。

社会的な基準で自分をジャッジしないでいれば、

あなたはご機嫌さんでいることが出来ます。

ご機嫌さんの社会は波動の軽い社会になりますので

あなたが心配しているようなことは起きません。

規制があるから、厳しいルールがあるから

社会の統制が取れるのではなく、

反対に厳しくなればなるほど

苦しくなってそこから飛び出ようとしたり、

エネルギーバンパイアになって統制が取れなくなるのです。

そうではなく、規制もルールもなくなって

好きなことが出来るようになると

エネルギーバンパイアはいなくなり

規制もルールもいらなくなるのです。

そして、犯罪と言われるようなこともなくなり

とても平和な社会になるのです。

そのままのジャッジしないあなたでいてください。

あなたがあなた自身をジャッジしなくなれば

人のこともジャッジしなくなります。

そう言う意味でも、とても風通しの良い

自由な関係を築ける気持ちの良い社会になります。

ジャッジしないこと・・それがあなたのまま

平和でいるためにはとても大切なカギなのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

マイコメント

シンプルですね。

自分がやりたいように行動する。

ところが、これがなかなか現実には出来ないことです。

仕事をしていて、どこかへこのまま遊びに行きたいな~と思っても

遊びになんか行けないでしょう(笑)。

 

「それが現実で、仕事をしている時には仕事をし続けなければならないのよ!」

と言われたときに、「それが常識なんですか?」と言おうものなら・・・。

「それが常識って、あなた、当たり前のこともわからないの!」

という叱責がドーンと飛んできそうです(笑)。

その常識ってものが私たちの思考を縛りつけているんです。

常識に外れたことをしてはならない・・・と。

「ともかく常識よ、常識なんだからね」

と、誰からも念を押されるでしょう。

常識を守らないと、「非常識な人」と烙印を押されます。

そして、その日から世間の信用を失うという具合ですね(笑)。

それだけ、常識はあの手この手で私たちをがんじがらめにして

自分の好きなことを自由に出来ないようにしています。

さらに、都合の悪いことにその常識って自分で持っていて自分で

自分を束縛しているところがあります。

おまけに、そのこと自体言われれてみなければ気づかないほど

重症になっていることさえわからない。

それが私たちです。

これからは破・常識ですね。

常識のために自分の自由を捨てるようなことはしないように

していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました