破・常識あつしの歴史ブログ「常識や当たり前を疑って・・・」

スポンサーリンク
常識を疑う アセンション

今日の破・常識

(ここから)

あなた達は何代にもわたり、このように支配者たちに

都合よくミスリードされて来ているのです。

でも、それが当たり前になってしまって

疑問も不満も感じなくなっているのです。byアシュタール

アシュタールのメッセージ

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

vol. 1126 常識や当たり前を疑って

常識や当たり前を疑って・・・


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

常識を疑ってください。

”当たり前”をもう一度見直してください。

それは当たり前でしょ、常識でしょ・・というのは思考停止です。

みんなが言っているから、みんながしているから・・これも同じです。

そして、支配者たちが伝えてくる”国民のため”という言葉も

しっかりと見てください。

あなた達の利益のためにこうします・・というのは、

支配者たちが都合良くミスリードするための

方便であることが多いからです。

社会保障制度をよりよく国民に保障することが出来るように

国民に一人一人にマイナンバーという番号をつけます。

そうすれば、複雑な手続きをすることなく

サービスを受けることが出来ます。

これは、国民をより効率的に監視、管理するために

支配者たちが便利になるからです。

国民のためではありません。

だいたい、戸籍というもの自体が管理するための制度なのです。

病気にならないために予防として健康診断をしましょう。

健康診断にかかるお金は国がある程度補てんします。

これは国が国民の健康を考えているように思える言葉ですが

健康診断をすることで見つけなくてもいい

(病気でもない)ものを見つけ、薬などを売るための

ビジネスのいっかんなのです。

他にもちょっと調べてみればたくさんあるのがわかると思います。

あなた達は何代にもわたり、このように支配者たちに

都合よくミスリードされて来ているのです。

でも、それが当たり前になってしまって

疑問も不満も感じなくなっているのです。

ですから、常識や当たり前を疑っていただきたいと思います。

でも、何が不満なのかさえも分からないのですが

・・ということになると思います。

ですから、私たち宇宙ファミリーは

こうしてあなたに話かけているのです。

あなたの常識の外の話をお伝えしているのです。

自由とはこういうものです。

あなたは自由に何をしてもいいのです。

この考え方を、違う角度から見てはいかがですか?

・・と、いまのあなたの社会の外の物の見方、考え方

価値観をお伝えしているのです。

どのような考え方をするかはあなたの自由です。

でも、違う考え方を知ることで選択肢が増えるのは事実です。

選択肢が増えれば、選ぶことが出来ます。


同じテラの上にも、じょうもんの頃のように自由だった時代もあります。

その時代の人たちの生活、考え方がわかれば、

その時代のように生きる選択も出来るのです。

近いところでは江戸時代のように、仕事は3、4時間もすれば十分で

あとは好きなことをして楽しむ生活もあったのです。

いまの生活が当たり前だと思わないでください。

いまの常識が正しいなどと思わないでください。

外側にはたくさんの世界があります。

たくさんの考え方があります。

そして、考え方があなたの現実を創造しているのです。

どのような考え方をするかで

あなたの現実は大きく変わって行きます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう、アシュタール! 

マイコメント

嘘も100回言えば、真実になるという言葉にあるように

政府が、何度も同じ手を使い国民を騙し続けていけば、最後には国民は

その嘘を仕方がないとあきらめてしまうということですね。

慣れさせるという常とう手段です。

それに騙さらないようにするためには常に疑う姿勢を崩さないことです。

抗議しても、デモをしても政府のやり方を変えません。

戦後の昭和の時代の政府は国民の反発を恐れていたので、政策を引っ込めたり

一度決まったことを変えて見たり、それでなければその時に政権が倒れるという

こともありました。

しかし、今はどうでしょう。

どんなに不利な事件が起きても、閣僚に逮捕者が出ても、自らが嘘を並べても

決して私の責任でしたと認めることもしなければ、身を引くこともありません。

何事もなかったかのようにしゃあしゃあとしています。

信じられません。

それは国民にも責任があるのです。

いつもいつも毎度のことと受け止め、何事もなかったかのように日常の生活に

埋没してしまうからです。

その原因を探ることもしなければ、テレビばかり見ていてワイドショーの出席者の

言動を鵜呑みにして「そうだ、そうだ」というばかりで自ら考えることをしない

国民の在り方に問題があるのです。

残念なことに数十年前までは選挙で国民の意を表明し政権を倒すことも可能でしたが

今は選挙結果は事前に決まっていて、NHKの選挙速報通りに決まります。

なぜ、選挙投票用紙の開封が始まる前に当選当確などという言葉が画面に踊るのか?

そんなことすら天下のNHKなんだから当たり前でしょう。

という感じで大多数の国民は見ていると思います。

今は選挙はムサシという選挙投票システムが結果を自由にコントロールできる

ようになっていることと選挙管理委員会もグルだからです。

そんなことあるはずがないと言うのが一般の人の反応です。

むしろ、そんなアホなことを言う方が狂っていると言われます。

今はこれだけ政府のおかしいところが噴出している状態のなのですから

疑問を持ち自ら考えるようにしなくてはいけませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました